ホイットニー・アメリカ美術館(読み)ほいっとにーあめりかびじゅつかん(英語表記)Whitney Museum of American Art

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホイットニー・アメリカ美術館
ほいっとにーあめりかびじゅつかん
Whitney Museum of American Art

アメリカ、ニューヨークにある、20世紀以降のアメリカ美術を対象とする美術館。1931年開館。鉄道で財をなしたコーネリアス・バンダービルトの娘ガートルード・バンダービルト・ホイットニーGertrude Vanderbilt Whitney(1875―1942)が開設した。彫刻家でもあったガートルードは、マンハッタン区にあった自らのアトリエを開放するとともに、1914年、8番街にギャラリーを備える「ホイットニー・スタジオ」を創設した。さらに18年、アーティストを中心としたサロンの会員組織「ホイットニー・スタジオ・クラブ」を創立し、同じ8番街にアーティストの交流や作品発表の場であるクラブ・ハウスを開いた。こうしたギャラリーやクラブ・ハウスを会場として、28年まで毎年展覧会を開くが、同展覧会からはエドワード・ホッパーらが輩出し、その作品は同館の母体となった。
 ホイットニー・スタジオやスタジオ・クラブで行った展覧会のたびに購入したコレクションなど約600点から出発し、ホッパー、ベン・シャーン、イサム・ノグチ、マーク・ロスコ、ケネス・ノーランド、ジャクソン・ポロックなどの作品約1万2000点を所蔵する。特にホッパーの作品は、死後、未亡人から2500点が寄贈された。ほかにもリップマン財団からリチャード・セラ、ドナルド・ジャドなどの100点以上の彫刻作品が寄贈されるなどコレクションを充実させてきた。また、88年以降MoMA(ニューヨーク近代美術館)と共同で「ウォーホル・フィルム・プロジェクト」として、映画フィルムの収集も行う。
 開館当初は8番街のスタジオやクラブの建物を拡張して使っていたが、54年西54丁目に新館を開館し、63年にマディソン街に移転した。66年には同地にマルセル・ブロイヤーとハミルトン・スミスHamilton Smith(1925― )の設計になる新館が開館。73年マンハッタンのオルド・スリップに新人作家の展示を主とする分館、81年コネティカット州スタンフォードにチャンピオン館、83年マンハッタンにフィリップ・モリス館、アルトリア館が開館した。これら四つの分館は民間会社の基金によって運営される。
 また、スタジオ・クラブの活動を引き継ぎ、33年以降、アメリカ絵画展と彫刻展を毎年交互に、73年からは隔年で開催し、「ホイットニー・バイエニアル」と呼ばれる。また、アメリカにおけるニュー・ペインティングの大規模な展覧会「ミニマリズムから新表現主義へ」展(1983)など、テーマ展も積極的に開催。
 67年には「インディペンデント・スタディ・プログラム」(ISP)という奨学金制度を創設し、アーティストへの助成とともに美術館スタッフの養成も行う。[鷲田めるろ]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android