コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロスコ ロスコRothko, Mark

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロスコ
Rothko, Mark

[生]1903.10.7. ドビンスク
[没]1970.2.25. ニューヨーク
ロシア生れのアメリカの画家。 1913年家族とともにアメリカに移住し,エール大学,アート・スチューデンツ・リーグで学んだ。 1940年代に入ってシュルレアリスムの影響を受け,有機形態を記号化したような絵をかき,47年頃からは空間に色面が浮んだような作品を描いた。 50年代になり大画面に2つまたは3つの色面を水平に配列した作品を制作。輪郭のにじんだ色面が背景に漂うように融合する作品で,抽象表現主義画家として広く知られるようになった。 58年から壁画も手がけ,のちに「ロスコ・チャペル」と呼ばれるようになったヒューストンの教会の壁画などがある。 70年自殺した。主要作品『赤,茶色,黒』 (1958,ニューヨーク近代美術館) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ロスコ

ロシア出身,米国の画家。10歳の時渡米。シュルレアリスムの影響を受け,有機的な形態と穏やかな色彩による抽象絵画を制作していたが,1949年頃から輪郭の曖昧な方形が画面を構成するカラー・フィールド・ペインティングの様式に到達した。
→関連項目滋賀県立近代美術館スティルロサンゼルス現代美術館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロスコ【Mark Rothko】

1903‐70
アメリカの画家。ロシアのドビンスク(現,ダウガフピルス)に生まれ,10歳のときに渡米。イェール大学およびアート・スチューデンツ・リーグに学ぶ。1935年ゴットリーブAdolph Gottlieb(1903‐74)と表現主義的傾向のグループ〈ザ・テンThe Ten〉を設立。はじめはフォービスムないしキュビスム的な,一種の表現主義的な絵を描き,次いで40年代前半にかけて,シュルレアリスムとでも呼ぶべき作風になる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ロスコ【Mark Rothko】

1903~1970) ロシア生まれのアメリカの画家。抽象表現主義を代表する一人。単純な形象のうちに思惟や超越性を感じさせる、曖昧かつ微妙に変化する色面を配置した作品を制作。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロスコ
ろすこ
Mark Rothko
(1903―1970)

アメリカの抽象画家。ロシアのドビンスクに生まれる。1913年に家族とともに合衆国のオレゴン州ポートランドに移住し、その後、エール大学とアート・スチューデンツ・リーグに学んだ。29年から作品を発表し、36~37年には連邦美術計画の仕事に従事。初期にはシュルレアリスムの影響を受けた作品を制作したが、第二次世界大戦後、独自の作風を確立して抽象表現主義の代表的画家となった。単純で普遍的な形態を追求したその絵画は、大きなカンバスの内側を四角形や帯状の矩形(くけい)でくぎった色面構成からなり、芒洋(ぼうよう)とした広がりと瞑想(めいそう)的な静けさをたたえている。[石崎浩一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ロスコの関連キーワードスティール(Clyfford Still)ニューマン(Barnett Newman)カラー=フィールド・ペインティングケリー(Mike Kelley)カラーフィールドペインティングホイットニー・アメリカ美術館フィリップス・コレクションブンゼン‐ロスコーの法則相互性の法則(光化学)バーネット ニューマンジャイロスタビライザーDIC川村記念美術館ミルトン エィヴリージャイロスタビライザマイクロスコピック陰極線オシログラフクロスアセンブラーミクロスコピックシンクロスコープマクロスコピック

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロスコの関連情報