コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーランド Noland, Kenneth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノーランド
Noland, Kenneth

[生]1924.4.10. ノースカロライナアシュビル
[没]2010.1.5. メーン,ポートクライド
アメリカ合衆国の抽象表現主義の画家。ヘレン・フランケンサーラーの影響を受け,モーリス・ルイスとともに地塗りをしないキャンバスに,薄めた絵具をしみこませる技法を開発した。色鮮やかな同心円や平行線を方形や長方形のキャンバスに描き,両者が一体化するスタイルを完成させた。アシュビルのブラック・マウンテン・カレッジで美術を学び,パリで彫刻家オシップ・ザッキンに師事した。1949年,パリで初の個展を開いた。また,研究所や大学などで教鞭をとった。作品は,ニューヨーク近代美術館,ロンドンの現代美術館テート・モダン,チューリヒ美術館の永久保存作品に選ばれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ノーランド

米国の画家。ノース・カロライナ州生れ。1950年代にルイスと親交を結び,絵具をキャンバスに染み込ませるカラー・フィールド・ペインティングの手法で制作をするようになるが,1958年,同心円モティーフによる独自の画風を確立した。
→関連項目カログリンバーグ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノーランド
のーらんど
Kenneth Noland
(1934― )

アメリカの画家。カラー・フィールド・ペインティング(色彩の場の絵画)の代表作家の1人。ノース・カロライナ州アッシュビルに生まれる。ブラック・マウンテン大学でアルバース、デ・クーニングらに学ぶ。1948年ヨーロッパに赴き、パリでザッキンに師事。帰国後モリス・ルイスに会い強い影響を受け、53年ごろからロウ・カンバス(地塗りのしてないカンバス)に絵の具をしみ込ませた絵画を制作する。61年以降、ストライプによる同心円や山形をモチーフとしたり、広い色面に水平のストライプを並列する画面を、類似あるいは対比する色相によって描く。近年は表現主義的な表現へ変化している。
 ノーランドは、ルイスほど空間にかかわらず、ステラほど還元的ではなく、その中間に位置する画家といえる。[藤枝晃雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ノーランド

生年月日:1908年6月26日
アメリカの政治家,新聞発行人
1974年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ノーランドの関連キーワードカラー=フィールド・ペインティングコーコラン・アート・ギャラリークリサンセマム・パルドーサムホイットニー・アメリカ美術館システミック・ペインティングカドミウム・レイディアンスヘレン フランケンサーラーシェイプト・カンバスチャイナ・ロビーカドミウムの輝きアメリカ美術田代さやかアルノー岩藤枝晃雄生年月日西川佳江藤田舞美井坂綾政治家

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ノーランドの関連情報