コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホイップル Whipple, George Hoyt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホイップル
Whipple, George Hoyt

[生]1878.8.28. ニューハンプシャー,アッシュランド
[没]1976.2.1. ニューヨーク,ロチェスター
アメリカの病理学者。 1905年,ジョンズ・ホプキンズ大学で学位を取得後,同大学助手から講師を経て,11~14年準教授,14年カリフォルニア大学教授,21年以降ロチェスター大学教授。おもな研究は貧血と肝臓の生理および病理に関するもので,胆汁色素とヘモグロビンの代謝,血漿蛋白などを研究したのち,貧血の病理を臨床的に追究し,貧血の治療には肝臓食および鉄含有食品が有効であることを発見した。その功績により 34年 G.マイノット,W.マーフィーとともにノーベル生理学・医学賞を受けた。

ホイップル
Whipple, William

[生]1730.1.14. メーン,キテリ
[没]1785.11.10.
アメリカ独立戦争前後に活躍した愛国派商人,政治家。独立宣言署名者の一人。 1776~79年大陸会議へのニューハンプシャー代表。土地投機業者やロイヤリスト (王党派) に対する強硬な政策を主張した。 82年より死ぬまでニューハンプシャー州最高裁判所判事をつとめた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ホイップル

米国の病理学者イェール,ジョンズ・ホプキンズ両大学で学ぶ。のちロチェスター大学教授。悪性貧血に関してヘモグロビン生成の研究を行い,ビタミンB12が造血に関係があることを発見。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホイップル
ほいっぷる
George Hoyt Whipple
(1878―1976)

アメリカの病理学者。ニュー・ハンプシャー州アシュランドに生まれる。祖父、父ともに医師であった。1900年エール大学を卒業後、ジョンズ・ホプキンズ大学に入り、1905年医学博士号を取得、同大学で助手、ついで準教授を務めた。1914年カリフォルニア大学医学部教授、ついで1921年にロチェスター大学歯学部の病理学教授となった。
 おもな研究は肝臓の生理学および病理学と、貧血に関するものである。胆汁色素とヘモグロビンの関係に注目し、イヌを実験に用いて人為的に貧血をおこさせて観察した。その結果、貧血の治療法として、肝臓や、鉄分、ビタミンB12の含まれた食品が有効であることを発見した。この業績によって、1934年のノーベル医学生理学賞をW・P・マーフィー、G・R・マイノットとともに受賞した。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホイップルの関連キーワードビタミンB123月24日フィップル8月28日胆汁色素肝臓彗星

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android