コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホブド ホブド Hovd

4件 の用語解説(ホブドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホブド
ホブド
Hovd

モンゴル西部,ホブド州の州都。モンゴル西部の中心都市。モンゴルアルタイ山脈東麓,ホブド川支流の河畔,標高 1390mにある。 1767年にチベット仏教寺院を中心に建設され,1921年の革命前には清朝のホブド (科布多) 辺疆区の中心地,ロシアとの交易地であった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホブド

コブドとも。漢字では科布多。モンゴル西部のホブド・アイマク(州)の中心都市。人民共和国成立後,一時はジルガラントと称した。道路交通の幹線上に位し,交易が盛ん。18世紀にモンゴリア西部を占領した清朝が,この地域の重要性に着目して建設した城に始まる。
→関連項目ハル・ウス・ノール[湖]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ホブド【Khobd】

モンゴル西部のホブド・アイマク(アイマクとは日本の府県に当たる)の中心都市。コブドともいう。古くからホブドと呼ばれ,人民共和国成立後ジルガラントと改称されたが,今は旧名のホブドに戻っている。首都ウランバートルから1494kmの距離にあり,ボイント河の東岸,急峻な山の麓に位置する。市にはホブド・アイマクの党・政府行政機関が置かれる。18世紀,ジュンガルの支配に成功してモンゴリア北西部を手に入れた清朝が,この地域の重要性に着目し,ホブド城を築いたのに始まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホブド
ほぶど
Khovd

モンゴル西部、ホブド県の県都。アルタイ山脈の山麓(さんろく)、ブヤント川の沿岸に位置する。コブドともいう。人口2万6023(2000)。北はシベリア、東はウランバートル、西は中国に通じる道路交通の要衝で、西部モンゴルの経済と文化の中心地である。町の歴史はジュンガルを征討した清(しん)朝が、1730年この付近に北西モンゴルの守備基地を築いたのに始まる。清朝は定辺左副将軍を置き、のちにはホブド参賛大臣を駐在させて、アルタイ方面の鎮撫(ちんぶ)にあたらせた。1762年町は現在の場所に移り、やがて清とロシアの貿易中継地としても繁栄するようになった。1912年の革命後ジルガランタと改名されたが、1963年旧名のホブドに戻った。周辺はハルハ以外にザハチン、トルグート、ミャンガト、ウリヤンハイ、カザフ、ドルベトなど、14に及ぶ民族が居住する同国最多の少数民族居住地域である。[吉田順一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホブドの関連キーワードウリヤスタイケイマンゴルフ内膜初枕幕間掻い捲るСангийн хэрэмЧандманЬハルオス湖アイマク

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone