コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホホジロザメ ホホジロザメ Carcharodon carcharias; great white shark; white shark

2件 の用語解説(ホホジロザメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホホジロザメ
ホホジロザメ
Carcharodon carcharias; great white shark; white shark

ネズミザメ目ネズミザメ科の海水魚。全長 8m。体は紡錘形で,体色はねずみ色が多いが,青みを帯びたねずみ色あるいは,茶色を帯びたねずみ色もあり,胴部分は白みを帯びる。体側に隆起線が発達。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ホホジロザメ

 アオザメ科の海産魚で,練り製品などにするほか,ひれを中華料理スープなどに使う.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホホジロザメの言及

【ホオジロガモ(頰白鴨)】より

…カモ目カモ科の鳥(イラスト)。北半球の亜寒帯以北で繁殖し,温帯地方で越冬する。日本には冬鳥として渡来する。おもに北日本の湾や入江,河口など海上にすむが,淡水の湖沼でもときどき見かける。足と翼を使って潜水し,岩についている貝類を食べている。全長雄は約47cm。雌雄異色で,雄は頭と背が黒緑色,体は白色である。ほおによく目だつ大きな白斑があるのでこの名がある。雌は頭部が茶褐色,背も褐色に富み,胸に灰色の帯がある。…

※「ホホジロザメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホホジロザメの関連キーワードホオジロザメ青鮫姥鮫尾長鮫撞木鮫奴智鮫鼠鮫虎鮫モウカザメネズミザメ(鼠鮫)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホホジロザメの関連情報