ホホジロザメ(英語表記)Carcharodon carcharias; great white shark; white shark

  • man-eater shark
  • white death
  • ほほじろざめ / 頬白鮫

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネズミザメ目ネズミザメ科の海水魚。全長 8m。体は紡錘形で,体色はねずみ色が多いが,青みを帯びたねずみ色あるいは,茶色を帯びたねずみ色もあり,胴部分は白みを帯びる。体側に隆起線が発達。吻は円錐形。鋸状の歯はほぼ二等辺三角形。尾柄は細く,尾鰭三日月形。性質はサメ類のなかでも最も凶暴とされ,恐れられている。練製品や食材のふかのひれ原料としても利用される。世界の熱帯から温帯海域に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軟骨魚綱サメ目ネズミザメ科に属する海水魚。世界の熱帯から温帯の海域に分布する。一般に外洋性といわれているが、沿岸にも近づき、瀬戸内海の定置網に入り込んだこともある。尾びれが三日月形であること、上顎歯(じょうがくし)が幅広い三角形でその縁が鋸歯(きょし)状であることなどが特徴。もっとも凶暴な「人食いザメ」の1種で、遊泳者のほかに舟を襲うこともある。生殖の方法は卵胎生または胎生と考えられるが、詳しくは不明である。通常は全長4、5メートルくらいであるが、8メートルになるものも報告されている。練り製品の原料などになる。

[仲谷一宏]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のホホジロザメの言及

【ホオジロガモ(頰白鴨)】より

…カモ目カモ科の鳥(イラスト)。北半球の亜寒帯以北で繁殖し,温帯地方で越冬する。日本には冬鳥として渡来する。おもに北日本の湾や入江,河口など海上にすむが,淡水の湖沼でもときどき見かける。足と翼を使って潜水し,岩についている貝類を食べている。全長雄は約47cm。雌雄異色で,雄は頭と背が黒緑色,体は白色である。ほおによく目だつ大きな白斑があるのでこの名がある。雌は頭部が茶褐色,背も褐色に富み,胸に灰色の帯がある。…

※「ホホジロザメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホホジロザメの関連情報