ホルテンシウス法(読み)ホルテンシウスほう(英語表記)Lex Hortensia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルテンシウス法
ホルテンシウスほう
Lex Hortensia

前 287年ローマの独裁官 (ディクタトル ) Q.ホルテンシウスが定めた法。プレプス (平民) の反乱に際し,平民会の決議をそのまま国法とすることが定められた。この結果パトリキ (貴族) とプレプスとの身分闘争に終止符が打たれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ホルテンシウス‐ほう〔‐ハフ〕【ホルテンシウス法】

前287年、ローマの独裁官ホルテンシウス(Q.Hortensius)が提案して成立させた法律。平民会で議決された法案は、元老院の承認がなくても全市民を拘束する法となることを定め、貴族と平民の身分闘争を終結させた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ホルテンシウス法【ホルテンシウスほう】

古代ローマの法律。前287年ディクタトルのホルテンシウスHortensiusが提案。それまで法律制定には元老院の議決を必要としていたが,この法律により平民会が独自の立法権を獲得し,貴族(パトリキ)と平民(プレブス)の階級闘争に一応の終止符が打たれた。
→関連項目民会

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ホルテンシウスほう【ホルテンシウス法 Lex Hortensia】

前287年ローマのディクタトル,ホルテンシウスが制定させた法。これ以前,平民会は全国民ではなく平民だけの集会だったので,そこでの議決は全国民に対し法的拘束力をもたなかったが,この法によって平民会の議決は全国民を拘束するものとなった。かくしてパトリキ(世襲貴族)とプレブス(平民)との身分闘争は終りを告げたが,新貴族層(ノビリタス)がすでに形成されており,ローマ国家の完全な民主化は達成されなかった。【平田 隆一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ホルテンシウスほう【ホルテンシウス法】

紀元前287年、ローマの独裁官ホルテンシウス(Quintus Hortensius)が成立させた法。平民会の決議がローマ市民全員を拘束することを定め、貴族と平民の身分闘争を終結させた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホルテンシウス法
ほるてんしうすほう
Lex Hortensiaラテン語

古代ローマの法律。紀元前287年、平民が市外退去(セケッシオ)して貴族と対立したとき、ディクタトル(独裁官)に指名されたホルテンシウスQuintus Hortensius(生没年不詳)は、平民会決議を全国民に対する拘束力をもつものとする法律を成立させ、これによって、共和政期前半絶えず対立を続けた貴族と平民の間の身分闘争を最終的に終結させた。これ以後、平民会はトリブス民会とほとんど区別のないものとなり、とくに立法民会としてしだいに重要性を増した。[弓削 達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のホルテンシウス法の言及

【ローマ】より

…民会は兵員会のほかに,同じ全市民民会でトリブス単位で2票(若者組と老年組が各1票)を投ずるトリブス(区)民会があった。 平民はこの両民会に出席するほか,平民会をも国家全体を拘束する決議機関とすることを目ざし,前287年のホルテンシウス法によってこれを達成した。この法律で貴族と平民の間の身分闘争は終結したが,それまでに十二表法の制定(前451‐前450)やさまざまな法律によって平民の立場はしだいに上がってきていた。…

※「ホルテンシウス法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android