コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホロックス ホロックス Horrocks, Jeremiah

3件 の用語解説(ホロックスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホロックス
ホロックス
Horrocks, Jeremiah

[生]1617/1618. ランカシャー
[没]1641.1.13. トクステスパーク
イギリス天文学者,聖職者。時計職人の子として生れたといわれている。ケンブリッジ大学に給費生として学ぶ (1632~35) 。独学で天文学を学び,教区の副牧師をつとめるかたわら天文観測に従事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホロックス

英国の天文学者。月の運動の理論化を目ざし,軌道運動からの不規則なずれを観測,従来の補正値を改良。また自然落下理論を惑星に適用した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ホロックス【Jeremiah Horrocks】

1618ころ‐41
イギリスの天文学者。時計職人の息子としてランカシャーに生まれる。給費生としてケンブリッジのイマヌエル・カレッジに在籍したらしい。天文学を志し,正確な天体観測に熱意を燃やした。チコ・ブラーエの仕事を望遠鏡を使ってさらに強化すること,とりわけ月の運動を理論化することが彼の仕事の目標となった。J.ケプラー,G.ガリレイの影響を受け,とくに後者の自然落下理論を惑星に適用し,すべての惑星は中心たる太陽に向かって〈落ちよう〉とする傾向をもつと考えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホロックスの関連キーワードアディソンエルガーハリーブラッドリーフラムスティードイギリス巻弟息子プラハの天文時計レーメルエベラール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホロックスの関連情報