コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホロホロチョウ(珠鶏) ホロホロチョウ guineafowl

1件 の用語解説(ホロホロチョウ(珠鶏)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホロホロチョウ【ホロホロチョウ(珠鶏) guineafowl】

キジ目ホロホロチョウ科の鳥の1種,または同科に含まれる7種の総称。ホロホロチョウNumida meleagrisイラスト)は,サハラ砂漠以南のアフリカに広く分布する。アフリカ西部産の亜種が,中世の終わりころにポルトガル人によってヨーロッパに輸入され,今日見られるような品種に改良されたが,古来からローマおよびギリシア人によって食用に供されてきた。現在では,世界中で広く飼養され,有用な家禽(かきん)となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のホロホロチョウ(珠鶏)の言及

【家禽】より

…おもな家禽とその祖先である野生種は次のとおりである。 (1)キジ科 ニワトリ(セキショクヤケイなどをインドで約5000年前に馴化(じゆんか)),ウズラ(野生のウズラを日本で江戸時代に馴化),シチメンチョウ(ヤセイシチメンチョウを北アメリカで原住民が馴化し,16世紀にヨーロッパへ紹介),ホロホロチョウ(野生のホロホロチョウを西アフリカで馴化)。(2)ガンカモ科 アヒル(マガモを北半球の各地で馴化),ガチョウ(サカツラガンを中国で,ハイイロガンをエジプトで馴化,ヨーロッパで改良),バリケン(ノバリケンをペルーで馴化)。…

※「ホロホロチョウ(珠鶏)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホロホロチョウ(珠鶏)の関連キーワードホロホロチョウほろほろ苦いほろほろほろろ黒保呂ほろほろ鳥ほろろを打つ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone