コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グリル グリルgrill

翻訳|grill

7件 の用語解説(グリルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

グリル(grill)

肉や魚の焼き網。また、それで焼いた料理。
grill roomから》ホテルなどの、洋風の一品料理などを供する軽食堂。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

グリル【grill】

網焼き料理およびこれに用いる器具のこと。本来はロースト用よりは小さく切った獣鳥肉,魚貝類を炭火やガス火の上に置いた焼網や鉄灸(てつきゆう)にのせて直火(じかび)で焼く方法で,焼色とともに直火焼特有の風味がつくのが特色である。一般には,材料から出る脂が溝に落ちるように作られた溝付きの鉄板で格子模様の焼きめをつけて焼く方法が用いられている。調理上のたいせつな点は,網や鉄板を清潔に保ち,材料を置く前に十分に熱して焦げつかぬようにすること,材料の表面にはサラダ油バターを塗って調理中の乾燥を防ぐことなどである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

グリル【grill】

〔grill room〕 一品料理などを出す洋風料理店。ホテルなどの洋風軽食堂。
肉や魚を焼く焼き網。また、それで作った料理。

グリル【grille】

自動車の前部につける飾り格子。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

グリル【grill】

➀肉を焼く網。また、この網を使った料理や調理法。
➁焼き肉・焼き魚などに用いる溝のついた鉄板。
➂ガステーブルのこんろの下部中央に備わった、網にのせて魚を焼く機器。
➃一品料理などを出す洋風軽食堂。◇「グリルルーム」の略。この略は日本での用法。

出典|講談社
食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グリル
ぐりる
grill英語
grilフランス語

鳥獣肉類、魚貝類、野菜類などを鉄網で直火(じかび)焼きにする料理である。焼き方は、まず網に油を塗っておき、焼く材料の肉(ヒレ肉、ロース肉、肝臓など)に塩、こしょうをしてバターを塗りながら焼く。また、マリネしてから焼くこともある。魚類は生臭みを消すために、香料をきかせたサラダ油に漬けてから焼く。小魚はまるのまま、腹の両側に斜めの碁盤目に切れ目を入れて使い、貝類は殻ごと焼くことが多い。焼き上がったものに網目のついているのが上等である。ソースには酸味、辛味のあるものが主として用いられる。付け合せとしては、魚貝類にはゆでた季節の野菜とパセリを、鳥獣肉類にはフライドポテト、クレソンなどを添える。
 この料理は普通、昼食に用いるが、日本ではとくに牛肉のグリルが賞味され、ホテルや料理店などにはグリル・ルームというグリル専門の料理場があって、客は好みの肉片を選んで目の前でグリルさせて、焼きたてを楽しむ。なお、料理法から転化して網焼き料理の店をグリルというが、日本では一般料理店にもグリル名をかぶせてよぶこともある。[小林文子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グリルの関連情報