コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホワイトメタル ホワイトメタル white metal

翻訳|white metal

5件 の用語解説(ホワイトメタルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホワイトメタル
ホワイトメタル
white metal

語義から白色合金と誤られやすいが,これは白色合金の一部で,鉛,スズ Sn,アンチモン Sb,亜鉛などの低融点金属を主体とする軸受合金である。このうちスズを 70%以上含む Sn-Sb-Cu系合金 (たとえば 90Sn-6Sb-4Cu) は 1850年頃アメリカの I.バビットの発明でバビットメタルといわれ,鋳造性,軸受性能とも最もすぐれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ホワイト‐メタル(white metal)

錫(すず)または主成分とする軸受け合金の総称。バビットメタルなど。広く、活字合金ダイカスト合金・はんだ洋銀などを含めていうこともある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホワイトメタル

スズと鉛を主体としてアンチモン,銅,亜鉛などを加えた合金の総称。軸受などに利用される。
→関連項目ケルメット軸受合金

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ホワイトメタル【white metal】

スズと鉛の合金で,これにアンチモン,銅などの添加元素を加えた軸受用合金の総称。スズを主体とするものから,鉛を主体とするものまでの種々の成分のものがある。小型のエンジンから,タービン,発電機などの大型の回転機まで広い範囲にわたって使用されており,また,すべり軸受合金としても主要なものである。【大久保 忠恒】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ホワイトメタル【white metal】

軸受け合金の一種。スズ・鉛・銅・アンチモンを主成分とし、場合により、これに亜鉛が加わったもの。スズ80パーセント以上のものをバビット-メタルということもある。広義には、活字合金・はんだなどの易融いゆう合金・ダイカスト合金・洋銀をもいうことがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホワイトメタルの関連キーワードイタヤガイ暮れ易い此れは此れは発火合金脆い安井脇が甘い彼や此れや其れや此れや耐酸合金

ホワイトメタルの関連情報