コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーン[岬] ホーン

2件 の用語解説(ホーン[岬]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ホーン[岬]【ホーン】

南米の最南端。スペイン語ではオルノスHornos岬。南緯約56°,フエゴ島南方のチリ領ホーン島南端にある。1616年ここを通過したオランダの航海者により命名,パナマ運河開通以前は航路上の要衝であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ホーン[岬]【Cape Horn】

チリ最南部のティエラ・デル・フエゴ島のさらに南に位置するホーン島の南端の岬。スペイン語ではオルノス岬Cabo de Hornos。南緯55゜59′にあり,南アメリカ最南端でもある。高さ400mの絶壁で,一年中激しい暴風があり,潮流も強い航海上の難所である。1616年1月ここをはじめて通過したオランダ人ウィレム・コルネリウススハウテンがその生地ホールンHoornにちなんで名づけた。【細野 昭雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のホーン[岬]の言及

【スハウテン】より

…オランダの航海者。1616年南アメリカ最南端のホーン岬を迂回して太平洋に至る航路を発見した。当時アフリカ南端の喜望峰と南アメリカ南端のマゼラン海峡の通行権はオランダ東インド会社が握っており,他のオランダ人には通過の自由がなかった。…

※「ホーン[岬]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホーン[岬]の関連キーワードサンディエゴフエゴ島ウスワイアサンディエゴワイルドアニマルパークティエラデルフエゴティエラデントロフエゴ島国立公園マサフエラ岩喜斎ディエゴ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone