ホーン(英語表記)Hone, Philip

  • Horne, Richard Henry (Hengist)
  • horn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1780.10.25. ニューヨーク
[没]1851.5.5. ニューヨーク
アメリカの実業家。 1820年代後半運河や鉄道の発展に寄与,ペンシルバニア州ホーンズデールの名は彼にちなむ。 25年ニューヨーク市長に当選。彼の 200万語に上る 28巻の日記は,28~51年のニューヨークを知る貴重な資料で,ニューヨーク歴史学協会に保管されている。
[生]1803.1.1. ロンドン
[没]1884.3.13. ケント,マーギット
イギリスの詩人,批評家。初め軍人としてメキシコ独立戦争に参加,帰国後文学を志し,『マーローの死』 The Death of Marlowe (1837) などの悲劇を発表。叙事詩オリオンOrion (43) に続いて,有名な『時代の新精神』A New Spirit of the Age (44) を E.バレット (ブラウニング夫人) と共著で出した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (horn 角(つの)、角笛の意)
① 角。〔外来語辞典(1914)〕
② =ホルン
※母子叙情(1937)〈岡本かの子〉「おかあさん、何? 角笛(ホーン)、これ代へたげる冠りなさい」
③ 自動車などの警笛。クラクション。
※秋のめざめ(1957‐58)〈円地文子〉渇く「自動車のホーンがあらい風の音に交って」
〘名〙 ⇒ホン

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のホーンの言及

【工作機械】より

…ホーニング盤とぎ上げ盤ともいう。数個の棒状といしを周囲に取り付けた工具(ホーン)に回転と往復運動を行わせて,面のとぎ上げ加工を行う工作機械。中ぐり,または研削された自動車エンジンのシリンダー内面をさらに平滑にする加工などに用いられる。…

※「ホーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホーンの関連情報