コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーン ホーン Hone, Philip

5件 の用語解説(ホーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーン
ホーン
Hone, Philip

[生]1780.10.25. ニューヨーク
[没]1851.5.5. ニューヨーク
アメリカの実業家。 1820年代後半運河や鉄道の発展に寄与,ペンシルバニア州ホーンズデールの名は彼にちなむ。 25年ニューヨーク市長に当選。彼の 200万語に上る 28巻の日記は,28~51年のニューヨークを知る貴重な資料で,ニューヨーク歴史学協会に保管されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ホーン
ホーン
Horne, Richard Henry (Hengist)

[生]1803.1.1. ロンドン
[没]1884.3.13. ケント,マーギット
イギリスの詩人,批評家。初め軍人としてメキシコ独立戦争に参加,帰国後文学を志し,『マーローの死』 The Death of Marlowe (1837) などの悲劇を発表。叙事詩オリオンOrion (43) に続いて,有名な『時代の新精神』A New Spirit of the Age (44) を E.バレット (ブラウニング夫人) と共著で出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ホーン(horn)

角笛(つのぶえ)。
管楽器。
警笛。クラクション。「自動車の―」
ホルン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ホーン【horn】

角笛。
自動車の警笛。クラクション。

ホーン【phon】

ホン

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホーンの言及

【工作機械】より

…ホーニング盤とぎ上げ盤ともいう。数個の棒状といしを周囲に取り付けた工具(ホーン)に回転と往復運動を行わせて,面のとぎ上げ加工を行う工作機械。中ぐり,または研削された自動車エンジンのシリンダー内面をさらに平滑にする加工などに用いられる。…

※「ホーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホーンの関連キーワードロンドン会議ロンドンアイロンドンパープルロンドンブーツロンドン橋落ちたロンドン・マッチどんどんドメルとロンどんどん どんどんロンドンジンロンドンドライジン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホーンの関連情報