コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボズネセンスキー ボズネセンスキーVoznesenskii, Andrei Andreevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボズネセンスキー
Voznesenskii, Andrei Andreevich

[生]1933.5.12. ソビエト連邦,モスクワ
[没]2010.6.1. ロシア,モスクワ
ロシアの詩人。ヨシフ・V.スターリン時代以降のソビエト文学界で最も著名な詩人の一人。少年期の戦争体験が心に深い傷を残し,のちの作品に鮮烈な影響を及ぼした。1957年にモスクワ建築大学を卒業。同大学在学中から作家のボリス・L.パステルナークに師事する。1958年に実験的な作品を収めた初の詩集が刊行された。1950年代末から 1960年代初めに文芸復興運動に参加,詩の朗読会で人気を集め,エフゲニー・エフトゥシェンコ,ベッラ・アフマドゥーリナらとともに,スターリン批判後に登場した若手詩人の代表として活躍した。作品は何度も当局の非難を浴びたが政府公認作家としての地位を保ち,1978年にソビエト連邦国家賞を授与された。そのため,他の作家なら危険を伴う行動も可能で,ソ連のチェコスロバキア侵攻(→チェコ事件)を批判する手紙の執筆,作家アレクサンドル・I.ソルジェニーツィンの擁護などを行なった。代表作は力強い隠喩を用いて戦争の恐怖を描いた『ゴヤ』Goya(1960)。ほかに,『放物線』Parabola(1960),『モザイク』Mozaika(1960),『反世界』Antimiry(1964)などの詩集,ウラジーミル・I.レーニンに捧げた叙事詩『ロンジュモ』Lonzhyumo(1963),長詩『オーザ』Oza(1964)など。(→ロシア文学

ボズネセンスキー
Voznesenskii, Nikolai Alekseevich

[生]1903.12.1. トゥラ
[没]1950.9.30.
ソ連の経済学者,政治家。 1919年共産党に入党。 31年赤色教授大学卒業後,同大学講師。 37年国家計画委員会議長,39年人民会議議長代理,47年政治局員。 43年ソ連科学アカデミー会員。 47年に著わした『祖国戦争の時期のソ連邦の戦争経済』 Voennaya ekonomika SSSR v period Otechestvennoi voinyが,I.スターリンから反マルクス的,反科学的と宣告され,49年すべての役職を剥奪,50年銃殺された。スターリン批判後,名誉を回復された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ボズネセンスキー

ロシア(ソ連)の詩人。モスクワ生れ。建築専門学校卒業。スターリン批判後の世代の代表者で,その強烈な批判精神,実験意欲が高く評価されている。長詩《ゴヤ》(1960年),《オーザ》(1965年),詩集《反世界》(1964年)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボズネセンスキー【Andrei Andreevich Voznesenskii】

1933‐
ロシアの詩人。モスクワの学者の家庭に生まれ,建築大学を卒業した。1958年から詩を書き始めたが,ソビエト詩壇に登場したのは60年代になってからで,エフトゥシェンコ,アフマドゥーリナ,ロジェストベンスキーオクジャワらとともに〈第四の世代〉の詩人として圧倒的な人気を博してきた。詩風は一口にいって,過去の抒情性の否定から出発して,新しい言葉の創造と視覚的なイメージの駆使などで,きわめてユニークな詩的世界を構築している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボズネセンスキーの関連キーワードボズネセンスキー(Andrey Andreevich Voznesenskiy)ベリーキーウスチュグウォズネセンスキーノボチェルカスクイワノボ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android