コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルツマン統計 ボルツマンとうけい Boltzmann statistics

4件 の用語解説(ボルツマン統計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボルツマン統計
ボルツマンとうけい
Boltzmann statistics

古典力学の法則に従う非常に多数の粒子の系の行動を統計的に扱って系の巨視的性質を導き出す方法。 18世紀に D.ベルヌーイによって始められた気体分子運動論は,19世紀後半の J.C.マクスウェルや L.ボルツマンらの研究によって統計的・確率的方法が確立された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

ボルツマン統計【Boltzmann statistics】

エネルギー εi をもつ粒子の平衡分布数 ni

で与えられる統計をいう.μ は化学ポテンシャルkボルツマン定数*T絶対温度である.

別名を,マクスウェル‐ボルツマン統計*ともいう.多数の同種の粒子からなる体系における統計(古典統計)で,ボース‐アインシュタイン統計*フェルミ‐ディラック統計*の極限の場合に相当する.古典力学の法則に従う運動をしている粒子を扱う系の平均的な性質は,ほとんどがこの統計で処理できる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ボルツマンとうけい【ボルツマン統計 Boltzmann statistics】

古典統計力学をボルツマンの原理, SklogeWから出発して構築しようとするとき,WはエネルギーがU以下であるようなミクロ状態の総数であるとされる(Sはエントロピー,kはボルツマン定数)。しかしここに一つ問題がある。例えば系がN個の同種粒子から成り立っている場合を考えよう。まず位相空間を細胞によってくまなく分割し,一つの細胞が一つのミクロ状態に対応すると考える。細胞の体積はh3Nとする。ここにhプランク定数である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボルツマン統計
ぼるつまんとうけい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボルツマン統計の関連キーワードエネルギー帯核エネルギー原子エネルギー静止エネルギー熱エネルギー海洋エネルギー二次エネルギー維持のエネルギーエネルギー平衡分配関数(状態和)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone