コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボン大学 ボンだいがくRheinische Friedrich-Wilhelms-Universität Bonn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボン大学
ボンだいがく
Rheinische Friedrich-Wilhelms-Universität Bonn

ドイツのボンにある大学。正式名称はライニッシェ・フリードリヒ・ウィルヘルム大学ボン。 1786年ケルン大司教によって設立され,94年ナポレオン軍の占領により廃校。 1818年フリードリヒ・ウィルヘルム3世により,西プロシアの学術振興の拠点として再興された。現在の校舎は,歴代のケルン大司教が居城としていた建物である。ドイツ有数の規模を誇り,福音神学,カトリック神学,医学,哲学,法学経済学教育学,数学・自然科学,農学などの学部のほか,付属施設を備えている。教員数約 2800名,学生数約3万 5500名 (1997) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ボン大学【ボンだいがく】

ドイツのボンにある大学。国立。1786年創設されたが,1818年ベルリン大学に範をとり西プロイセンの学術振興の中心として再編され新設。福音神学,カトリック神学,法律・経済学,医学,哲学,数学・自然科学,農学,教育の各学部。
→関連項目ボン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ボンだいがく【ボン大学】

〔正称は Rheinische Friedrich-Wilhelms Universität〕
ドイツのボンにある大学。1786年創設。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボン大学
ぼんだいがく
Rheinische Friedrich-Wilhelms-Universitt Bonn

ドイツ連邦共和国のボンにある大学。起源は1777年ケルンの大司教によって設立されたアカデミーにさかのぼり、1786年大学として認可された。18世紀末ナポレオン軍の侵入により一時閉鎖されたが、ボンがプロイセンに併合された1818年ウィルヘルム3世により、ベルリン大学を範として再興され、一大発展を遂げた。この新しい大学を舞台に、教授陣として歴史学のアルント、神学のクレーメンCarl Clemen(1865―1940)、古代史のニーブール、物理学のヘルツ、生理学のミューラー、天文学のアルゲランダーらが活躍した。1934年には、農業専門大学を農学部として吸収し、現在では8学部体制(プロテスタント神学、カトリック神学、法律・経済学、医学、哲学、数学・自然科学、農学、教育学)となっている。第二次世界大戦中に主要施設は破壊されたが、戦後復旧し、目覚ましい発展を遂げた。1960年代後半から学生が急増し、1995年現在、教員数約2800人、学生数約3万7000人。[馬越 徹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のボン大学の言及

【ボン】より

…ドイツ分割の結果によってつくられた政治都市・管理都市であり,産業・商業都市の機能は小さい。ボン大学(正称ライニッシェ・フリードリヒ・ウィルヘルム大学Rheinische Friedrich‐Wilhelms‐Universität)はドイツの古い大学の一つで,現在の本館は歴代のケルン大司教(選帝侯)の居城である。建物の基礎はすでに16世紀にさかのぼり,後に選帝侯ヨーゼフ・クレメンス(1688‐1723)によって増築されている。…

※「ボン大学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボン大学の関連キーワードハインリッチ・グスタフ・ジョハネス カイザーフリードリッヒ・E. ヒルツェブルフテオドーア・F.フォン ゴルツエルンスト・R. クルティウスL. ベルクシュトレッサーフリードリッヒ ダンネマンR. マティアス・パウアーハインリヒ リュッツェラーE. シュトラスブルガーヴィルヘルム パーペートカール・D. ブラッハーハンス・H. ランドルトヨハネス フィッティングリチャード ヘルトウィヒフリードリヒ ザンダーL. ワイスゲルバーペーター パンツァーヨセフ クライナーペーター シェラーH. ウェルツェル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android