コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボールズ ボールズBowles, Chester (Bliss)

4件 の用語解説(ボールズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボールズ
ボールズ
Bowles, Chester (Bliss)

[生]1901.4.5. マサチューセッツ,スプリングフィールド
[没]1986.5.25. コネティカットエセックス
アメリカの政治家。 1924年エール大学卒業。 29年友人 W.ベントン広告会社を経営。その後コネティカット州政府勤務を経て,連邦政府経済安定本部長などをつとめた。 47~48年国連勤務。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ボールズ
ボールズ
Bowles, William Lisle

[生]1762.9.24. ノーサンプトンシャー,キングズサットン
[没]1850.4.7. ソールズベリー
イギリスの詩人,聖職者。オックスフォード大学卒業。 14編のソネットを収めた『ソネット集』 Sonnets (1789) はワーズワスコールリッジらに大きな影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ボールズ
ボールズ
Bowles, Paul Frederick

[生]1910.12.30. アメリカニューヨーク
[没]1999.11.18. モロッコタンジール
アメリカの小説家,作曲家。 16歳のときからパリでシュルレアリスムの詩を出版。 19歳のとき A.コープランドに作曲を学び,舞台音楽や映画音楽を発表,音楽批評も手がけた。 1947年モロッコに移住し,砂漠のあやしい魅力にとらえられた白人夫妻を描く小説『天蓋』 The Sheltering Sky (1949) ,『雨は降らせろ』 Let It Come Down (52) ,『蜘蛛の家』 The Spider's House (59) ,短編集『歓迎されぬ言葉』 Unwelcome Words (88) などの作品を発表,実存主義作家,「失われた世代」の代弁者として認められた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ボールズの関連キーワード正岡子規カクランノルデンショルドブラントンロッシュ星亨草かげの小径にてデトロイト・タイガースカイペル鏑木清方

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone