コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーロ ボーロ 〈ポルトガル〉bolo

6件 の用語解説(ボーロの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ボーロ(〈ポルトガル〉bolo)

小麦粉に鶏卵・砂糖などを加えて軽く焼いた、ポルトガル伝来の丸く小さい菓子。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ボーロ

 和風の焼干菓子の一つ.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ボーロ【bolo(ポルトガル)】

小麦粉・卵・砂糖などを混ぜて焼いた小型の丸い菓子。幼児の離乳食などに用いる、片栗粉を用いた直径1cmほどの小粒のものが代表的。少し大きなものでは、佐賀など九州の「丸ボーロ」、京都の「そばボーロ」が知られる。◇ポルトガル語では、ケーキなど菓子類の総称。「ぼうろ」「ぼうる」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ボーロ

でんぷん、鶏卵、砂糖などを丸く焼き上げたもの。口に入れるとふんわりと溶け、幼児菓子で知られる。たまごボーロ、ミルクボーロなどと呼ばれる

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ボーロ

室町末期に伝えられた南蛮菓子の一種。ポルトガルの菓子boloのことで,江戸時代には〈ほうろ〉〈ほうる〉〈保宇留〉などと書いた。本来のそれは,小麦粉に砂糖その他を加えてこね,ふつう円形にして焼き,または油で揚げるものだったが,日本では油で揚げるボーロはつくられなかった。《御前菓子秘伝抄》(1718)には,小麦粉1升,白砂糖1合を水でこね,この生地をいろいろの形に切り,銅なべに入れてふたをし,ふたの上にも火を置いて焼くとしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ボーロ【bolo】

小麦粉に卵・砂糖を加えて焼いた菓子。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボーロの関連キーワードカステラカルメラ金平糖南蛮船南蛮鉄有平糖南蛮菓子南蛮宗南蛮人カスドース

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボーロの関連情報