コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポインセチア ポインセチア Euphorbia pulcherrima; poinsettia

6件 の用語解説(ポインセチアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポインセチア
ポインセチア
Euphorbia pulcherrima; poinsettia

トウダイグサ科の小低木で,一名ショウジョウボクメキシコ中央アメリカ原産であるが,クリスマス用の鉢物または切り花として需要が多いため,西欧諸国や日本でも温室栽培される。日本には明治中期に渡来したといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ポインセチア(〈ラテン〉Poinsettia)

トウダイグサ科の常緑低木。高さ2~3メートル。葉は卵状楕円形で、濃緑色。枝先に、朱紅色の苞(ほう)をもつ小花が集まって咲く。苞が淡黄色などの品種もある。メキシコの原産で、温室で栽培し、鉢植えなどにする。猩猩木(しょうじょうぼく)。 冬》「小書窠も―を得て聖夜/風生

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ポインセチア

ショウジョウボクとも。メキシコ原産のトウダイグサ科の常緑低木。広披針形で縁に浅い切れ込みがある葉を互生。枝先には狭披針形の切れ込みのない朱赤色の包葉を放射状につけ,その中央に数個〜十数個の花序が水平に並ぶ。
→関連項目トウダイグサ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ポインセチア【poinsettia】

クリスマスのころに花が咲き,同時に花をとりまく大きな苞葉が真っ赤に色づき花のように美しいトウダイグサ科の常緑低木(イラスト)。ショウジョウボク(猩々木)ともいう。年の暮れに鉢物や切花として広く利用されている。原産地はメキシコ。日本へは明治時代に渡来した。熱帯・亜熱帯地方では高さ5mにもなり,庭木としてよく植えられている。葉は互生し,卵状楕円形で周囲は角ばる。枝葉を傷つけると白色の有毒な乳汁が出る。枝の先端は花枝になり,小さなつぼ形をした花のように見える花序が十数個つき,1個ずつのみつ腺をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ポインセチア【Poinsettia】

トウダイグサ科の常緑低木。原産地のメキシコでは高さ5~6メートルになる。葉は互生し、卵状楕円形。冬から春にかけ、枝先の花弁状の苞ほうが鮮紅色に色づき、中央に小花がかたまってつく。苞が黄白色・淡紅色の品種もある。鉢植えとして温室で栽培。猩猩木しようじようぼく[季] 冬。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポインセチア
ぽいんせちあ
poinsettia
[学]Euphorbia pulcherrima Willd. ex Klotzsch

トウダイグサ科の不耐冬性低木。和名ショウジョウボク(猩々木)。メキシコ原産。茎は伸ばせば4~5メートルにもなるが、普通30~50センチメートルの丈に育て、おもに鉢物、まれに切り花として利用する。短日性植物で、12月ころに開花するので、クリスマスの花として広く用いる。葉は卵状楕円(だえん)形または披針(ひしん)形で、やや大きい。短日になると茎頂に花芽を形成して小花を開くが、その周りに展開する包葉が美しく着色し、観賞の対象になる。包葉は普通赤色であるが、桃、淡黄白色などもある。ショウジョウボクの名は、赤色の包葉を猩々(想像上の動物で、サルの一種であるとする)の顔に見立てたもの。品種も多く、低温でも長もちするアンネット・ヘッグ、ダークレッドなどのほか、グートビーア・V‐10やV‐14が広く栽培される。繁殖は挿芽により、鉢上げ後、一度摘心して茎を数本立ちにする。茎が伸びるときは矮化(わいか)剤を散布して丈を適度に抑え、眺めやすい姿に育てる。十分日に当て、冬季は最低8℃以上に保つ。[植村猶行]

文化史

ポインセチアの名は、メキシコの歴史にまつわる。アメリカの初代メキシコ大使ジョエル・ポインセットJoel Robert Poinset(1779―1851)は、メキシコ内乱に介入した責任をとらされ、大使を解任された。帰国の際に花木を持ち帰ったが、その一つに、アメリカの植物学者グラハムがポインセットを記念し、ポインセチア属Poinsetiaを設けた。ポインセチア属は現在はトウダイグサ属Euphorbiaに移されているが、ポインセチアの名は一般名称として残った。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポインセチアの関連キーワード埋もれ木に花が咲くクリスマスイブクリスマスツリー言葉に花が咲く咲く死に花を咲かせる話に花が咲く煎り豆に花が咲く梢の春紅額

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポインセチアの関連情報