ポインセチア(読み)ぽいんせちあ(英語表記)poinsettia

翻訳|poinsettia

日本大百科全書(ニッポニカ)「ポインセチア」の解説

ポインセチア
ぽいんせちあ
poinsettia
[学] Euphorbia pulcherrima Willd. ex Klotzsch

トウダイグサ科(APG分類:トウダイグサ科)の不耐冬性低木。和名ショウジョウボク(猩々木)。メキシコ原産。茎は伸ばせば4~5メートルにもなるが、普通30~50センチメートルの丈に育て、おもに鉢物、まれに切り花として利用する。短日性植物で、12月ころに開花するので、クリスマスの花として広く用いる。葉は卵状楕円(だえん)形または披針(ひしん)形で、やや大きい。短日になると茎頂に花芽を形成して小花を開くが、その周りに展開する包葉が美しく着色し、観賞の対象になる。包葉は普通赤色であるが、桃、淡黄白色などもある。ショウジョウボクの名は、赤色の包葉を猩々(想像上の動物で、サルの一種であるとする)の顔に見立てたもの。品種も多く、低温でも長もちするアンネット・ヘッグ、ダークレッドなどのほか、グートビーア、V‐10やV‐14が広く栽培される。繁殖は挿芽により、鉢上げ後、一度摘心して茎を数本立ちにする。茎が伸びるときは矮化(わいか)剤を散布して丈を適度に抑え、眺めやすい姿に育てる。十分日に当て、冬季は最低8℃以上に保つ。

[植村猶行 2020年6月23日]

文化史

ポインセチアの名は、メキシコの歴史にまつわる。アメリカの初代メキシコ大使ジョエル・ポインセットJoel Robert Poinset(1779―1851)は、メキシコ内乱に介入した責任をとらされ、大使を解任された。帰国の際に花木を持ち帰ったが、その一つに、アメリカの植物学者グラハムがポインセットを記念し、ポインセチア属Poinsetiaを設けた。ポインセチア属は現在はトウダイグサ属Euphorbiaに移されているが、ポインセチアの名は一般名称として残った。

[湯浅浩史 2020年6月23日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ポインセチア」の解説

ポインセチア

〘名〙 (poinsettia) 植物「しょうじょうぼく(猩猩木)」の異名。《季・冬》
※病室の花(1920)〈寺田寅彦〉「サイクラメンとポインセチアを届けてくれた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ポインセチア」の解説

ポインセチア
Euphorbia pulcherrima; poinsettia

トウダイグサ科の小低木で,一名ショウジョウボクメキシコ,中央アメリカ原産であるが,クリスマス用の鉢物または切り花として需要が多いため,西欧諸国や日本でも温室栽培される。日本には明治中期に渡来したといわれる。は高さ数m,葉は卵状楕円形ないし披針形で長さ 10~20cmあり,縁に大きな鋸歯がある。茎頂に集って生じる多数の包葉は幅狭く,多くは全縁で美しい緋紅色をし,放射状に並ぶので大きな花のようにみえる。花序を包む小総包の中におしべ1本をもつ雄花数個と,1本のめしべをもつ雌花1個とがある。品種は大変多く,特にアメリカでは古くから改良が行われた。包葉が紅色のもののほか白,黄色などのものもある。花名は,この花をメキシコから持帰ったアメリカの政治家 J. R.ポインセットの名にちなむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「ポインセチア」の解説

ポインセチア

ショウジョウボクとも。メキシコ原産のトウダイグサ科の常緑低木。広披針形で縁に浅い切れ込みがある葉を互生。枝先には狭披針形の切れ込みのない朱赤色の包葉を放射状につけ,その中央に数個〜十数個の花序が水平に並ぶ。花序を包む小総包はつぼ形の黄緑色で,中に雌花1個と雄花数個が入っている。5月にさし芽,さし木で苗を作り,鉢植として秋まで戸外で育ててから温室内に入れると,12月には包葉が美しく色づき展開し,クリスマスの装飾用の切花,鉢物となる。園芸品種には包葉が白,淡紅色のもの,あるいは切れ込みのあるものもある。
→関連項目トウダイグサ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「ポインセチア」の解説

ポインセチア(〈ラテン〉Poinsettia)

トウダイグサ科の常緑低木。高さ2~3メートル。葉は卵状楕円形で、濃緑色。枝先に、朱紅色の(ほう)をもつ小花が集まって咲く。苞が淡黄色などの品種もある。メキシコの原産で、温室で栽培し、鉢植えなどにする。猩猩木(しょうじょうぼく)。 冬》「小書窠も―を得て聖夜/風生

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「ポインセチア」の解説

ポインセチア【poinsettia】

クリスマスのころに花が咲き,同時に花をとりまく大きな苞葉が真っ赤に色づき花のように美しいトウダイグサ科の常緑低木(イラスト)。ショウジョウボク(猩々木)ともいう。年の暮れに鉢物や切花として広く利用されている。原産地はメキシコ。日本へは明治時代に渡来した。熱帯・亜熱帯地方では高さ5mにもなり,庭木としてよく植えられている。葉は互生し,卵状楕円形で周囲は角ばる。枝葉を傷つけると白色の有毒な乳汁が出る。枝の先端は花枝になり,小さなつぼ形をした花のように見える花序が十数個つき,1個ずつのみつ腺をもつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android