コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポトス ポトス Epipremnum aureum

6件 の用語解説(ポトスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポトス
ポトス
Epipremnum aureum

サトイモ科のつる性草本で,ソロモン諸島原産とされるが,不明な点が多い。観葉植物としては,最も大量に流通する鉢植えの1つ。かつてポトスPothosに分類されていたため,ポトスの名で流通している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ポトス(pothos)

オウゴンカズラの別名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ポトス

オウゴンカズラとも。ソロモン諸島原産のサトイモ科の常緑多年生つる植物。観葉植物として温室内で栽培。茎の節に生じる気根で他物によじ登り繁茂する。卵状ハート形の葉に黄色の不規則な斑紋が入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ポトス【Pothos‐vine】

サトイモ科のつる性多年草イラスト)。ソロモン諸島の原産といわれ,明治中ごろに渡来した。オウゴンカズラとも呼ばれるが,一般にポトスの名で親しまれている。しかし,この名は1880年に分類を誤ってポトス属で記載された植物の名称を園芸家が用いつづけたためで,実はハブカズラEpipremnum pinnatuneに近縁で,ポトス属の植物ではない。熱帯では茎が10m以上に伸びる。楕円形の葉は大きく,長さ40~50cmにもなり,黄白色の斑(ふ)が入り,葉縁が羽状に切れ込んだり,楕円状の穴があいたりする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ポトス【pothos】

サトイモ科のつる性多年草。ソロモン群島原産。観葉植物として栽培。葉は柄が長く、卵形革質で鮮黄色の斑や縞がある。黄金葛おうごんかずら

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポトス
ぽとす

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポトスの関連キーワードサトイモ(里芋)食わず芋タロ芋捏ね芋蓮芋コンニャクアルムクワズイモホドイモハブカズラ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポトスの関連情報