コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリエチレンテレフタレート polyethylene terephthalate

デジタル大辞泉の解説

ポリエチレン‐テレフタレート(polyethylene terephthalate)

ペット(PET)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ポリエチレンテレフタレート

テレフタル酸エチレングリコールとの重縮合によって得られる熱可塑性樹脂PETペット)と略称。ポリエステル繊維の原料となり,フィルムにも加工される。フィルムは絶縁耐力,機械的性質がすぐれ,電気絶縁材料,写真用フィルム,工業用テープ,包装材料などに用いられ,飲料水などのとして使われるものはペットボトルとして広く普及し,容器包装リサイクル法による回収・再生の対象となっている。
→関連項目ペットボトルポリエステルポリエステル樹脂

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポリエチレンテレフタレート【polyethylene terephthalate】

エチレングリコールとテレフタル酸の重縮合によって得られるポリエステル。略称PET。イギリスのICI社,アメリカのデュポン社によって,それぞれテリレンTerylene,ダクロン(デークロン)Dacronの商品名で,繊維として初めて工業化された。日本ではテトロンTetron(帝人,東レの商品名)として知られている。おもに繊維として開発され,広く用いられてきたが,最近ではオーディオあるいはビデオフィルム,コンデンサー用フィルム,フレキシブルプリント配線用ベースなどのフィルム,ビールや炭酸飲料などの瓶,電気部品,自動車部品などの成形品としても用途が拡大しつつある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ポリエチレンテレフタレート【polyethylene terephthalate】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポリエチレンテレフタレート
ぽりえちれんてれふたらーと
polyethylene terephthalate

熱可塑性のポリエステルの代表的なもの。PET(ペット)と略称される。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ポリエチレンテレフタレートの関連キーワードフロッピーディスクシングルエイトプラスチック塵高分子フィルム写真フィルムプラスチック工業薬品工業PETボトル磁気テープアルコール図書カード人工皮革人工臓器人工血管

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポリエチレンテレフタレートの関連情報