コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリエーテル ポリエーテル polyether

3件 の用語解説(ポリエーテルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ポリエーテル(polyether)

エーテル結合(-C-O-C-)を主鎖にもつ鎖状高分子の総称。水溶性の高分子として、界面活性剤乳化剤・粘結剤などに用いられる。また、耐油性・耐薬品性に優れたものが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ポリエーテル【polyether】

分子内にエーテル結合-O-を含む高分子化合物の総称。したがって,ポリアセタールエポキシ樹脂もこの一種であるが,ポリエーテルと呼ばれることは少ない。通常ポリエーテルといえば,エチレンオキシドの重合で得られるポリエチレングリコール(ポリエチレンオキシド),プロピレンオキシドの重合で得られるポリプロピレングリコールテトラヒドロフランの重合で得られるポリテトラメチレングリコールなどを指す。重合はアニオン重合またはカチオン重合で進行する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポリエーテル
ぽりえーてる
polyether

エーテル結合‐C‐O‐C‐を主鎖にもつ重合体の総称である。代表的なものにホルムアルデヒドの重合により生成するポリオキシメチレンポリアセタール構造をもつ)がある。そのほかに塩素化ポリエーテル(ペントンPentonアメリカのハーキュラス・パウダー社の商品名)や、ポリエチレングリコール(ポリエチレンオキシド)やポリプロピレングリコールなどのようなグリコールの重縮合物がある。また、芳香族を含むポリエーテルも知られており、たとえば、ポリフェニレンオキシド(PPOと略称されるフェノキシ樹脂)や、ビスフェノールAとジフェニルスルホンから得られるポリスルホンなどがある。
 ペントンは溶融粘度が小さく成形が容易であり、そのほかの物性も優れ、とくに耐薬品性に富んでいる。ポリエチレングリコール、ポリプロピレングリコールは水に溶けやすく、しかも粘度が高いので、織物の糊(のり)付け剤、化粧品、練り歯みがき、軟膏(なんこう)基剤として用いられる。PPOは熱変形温度が170℃とよく、耐熱性プラスチックの代表的なものである。[垣内 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポリエーテルの関連キーワード高分子化学高分子化合物高分子電解質ポリウレタン架橋鎖状高分子有機高分子ポリエステルフィルムエーテル結合高分子凝集剤

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポリエーテルの関連情報