ポリエーテル(英語表記)polyether

世界大百科事典 第2版の解説

分子内にエーテル結合-O-を含む高分子化合物の総称。したがって,ポリアセタールエポキシ樹脂もこの一種であるが,ポリエーテルと呼ばれることは少ない。通常ポリエーテルといえば,エチレンオキシドの重合で得られるポリエチレングリコール(ポリエチレンオキシド),プロピレンオキシドの重合で得られるポリプロピレングリコール,テトラヒドロフランの重合で得られるポリテトラメチレングリコールなどを指す。重合はアニオン重合またはカチオン重合で進行する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エーテル結合‐C‐O‐C‐を主鎖にもつ重合体の総称である。代表的なものにホルムアルデヒドの重合により生成するポリオキシメチレン(ポリアセタール構造をもつ)がある。そのほかに塩素化ポリエーテル(ペントンPenton、アメリカのハーキュラス・パウダー社の商品名)や、ポリエチレングリコール(ポリエチレンオキシド)やポリプロピレングリコールなどのようなグリコールの重縮合物がある。また、芳香族を含むポリエーテルも知られており、たとえば、ポリフェニレンオキシド(PPOと略称されるフェノキシ樹脂)や、ビスフェノールAとジフェニルスルホンから得られるポリスルホンなどがある。

 ペントンは溶融粘度が小さく成形が容易であり、そのほかの物性も優れ、とくに耐薬品性に富んでいる。ポリエチレングリコール、ポリプロピレングリコールは水に溶けやすく、しかも粘度が高いので、織物の糊(のり)付け剤、化粧品、練り歯みがき、軟膏(なんこう)基剤として用いられる。PPOは熱変形温度が170℃とよく、耐熱性プラスチックの代表的なものである。

[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

主鎖にエーテル結合をもつポリマーの総称.代表的なものは,ホルムアルデヒドの重合により生成するポリ(オキシメチレン)

エチレンオキシドジオキサンなどの環状エーテル開環重合によるもの,

グリコールアセタールとの重縮合によるもの,

などがある.一般的に耐油性にすぐれており,高弾性を示すもの,フィルムとしてすぐれた性質をもつものなどがつくられている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android