ポロナイスク(英語表記)Poronaisk

  • Poronaysk/Поронайск
  • Поронайск/Poronaysk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロシアのサハリン州港湾都市サハリン島中部東岸,テルペニエ湾にのぞみ,ポロナイ川河口に位置する。パルプ製紙,水産加工,建設資材などの工業がある。州都ユジノサハリンスクの北約 250kmにあり,鉄道,ハイウェーで連絡。旧日本領で,日本名敷香 (しすか) 。人口約2万 5000。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ロシア連邦、サハリン州(樺太)中部の町。テルペニヤ湾多来加湾(たらいかわん))に注ぐポロナイ川河口部に位置する。近郊にはウィルタニブヒなどの少数民族も居住。1945年(昭和20)以前の日本領時代には敷香(しくか)とよばれ、当時は日本最北の町だった。第48代横綱、大鵬幸喜の生地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ロシア,サハリン中部,テルペニエ湾岸の港湾都市。日本領時代は敷香(しくか)/(しすか)。ポロナイ川河口に位置,パルプ,魚類缶詰,セメント製材などの工場がある。1931年南部からの鉄道開通によって経済上の中心地となった。2万6000人(1989)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ロシア連邦東端,サハリン島東岸,ポロナイ川河口の港町。人口2万5000(1993)。日本名は敷香(しくか∥しすか)。第2次大戦前の日本領時代には敷香支庁がおかれ,漁業のほかパルプ工業や炭坑,森林伐採,毛皮集散によって発展し,人口も3万(1941)を超えていた。1945年のソ連併合後は漁業コンビナート,パルプ・製紙コンビナートが設置され,セメント工場,ミンク養殖ソホーズがある。付近はかつてウイルタ,ニブヒ,アイヌなど諸民族の混住地として知られていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

樺太(からふと)(サハリン)中南部、多来加(たらいか)(テルペニヤ)湾に面する小都市。日本領有時代には敷香(しくか)と称した。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android