コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポロナイスク Poronaisk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポロナイスク
Poronaisk

ロシアのサハリン州の港湾都市。サハリン島中部東岸,テルペニエ湾にのぞみ,ポロナイ川河口に位置する。パルプ・製紙,水産加工,建設資材などの工業がある。州都ユジノサハリンスクの北約 250kmにあり,鉄道,ハイウェーで連絡。旧日本領で,日本名敷香 (しすか) 。人口約2万 5000。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ポロナイスク

ロシア,サハリン中部,テルペニエ湾岸の港湾都市。日本領時代は敷香(しくか)/(しすか)。ポロナイ川河口に位置,パルプ,魚類缶詰,セメント,製材などの工場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポロナイスク【Poronaisk】

ロシア連邦東端,サハリン島東岸,ポロナイ川河口の港町。人口2万5000(1993)。日本名は敷香(しくか∥しすか)。第2次大戦前の日本領時代には敷香支庁がおかれ,漁業のほかパルプ工業や炭坑,森林伐採,毛皮集散によって発展し,人口も3万(1941)を超えていた。1945年のソ連併合後は漁業コンビナート,パルプ・製紙コンビナートが設置され,セメント工場,ミンク養殖ソホーズがある。付近はかつてウイルタニブヒアイヌなど諸民族の混住地として知られていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポロナイスク
ぽろないすく
Поронайск Poronaysk 

樺太(からふと)(サハリン)中南部、多来加(たらいか)(テルペニヤ)湾に面する小都市。日本領有時代には敷香(しくか)と称した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ポロナイスクの関連キーワードシュミット線木下 又三郎ウイルタ語大鵬幸喜樺太

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポロナイスクの関連情報