コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンタベン派 ポンタベンはÉcole de Pont-Aven

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポンタベン派
ポンタベンは
École de Pont-Aven

19世紀後半に活躍したフランスの美術グループ。名称はブルターニュ地方の村の名ポンタベンに由来。 1886,88年にこの村に滞在した P.ゴーガンを中心に若い芸術家が集り,総合主義を唱えた。七宝焼隈取りに想を得た装飾的な画風で,89年のパリ万国博覧会のカフェに出品されて評判となった。この派から E.ベルナール,P.セリュジエらのナビ派が生れた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ポンタベン派【ポンタベンは】

ゴーギャンを中心とした画家のグループ。フランス語エコール・ド・ポンタベンの訳。ポンタベン(ポンタバン)はフランス,ブルターニュ地方の寒村で,ゴーギャンは1886年以降しばしば滞在したが,1888年その宿屋を根城としてエミール・ベルナールセリュジエら若い画家が集まってサンテティスムを推進した。
→関連項目クロアゾニスム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポンタベンは【ポンタベン派 École de Pont‐Aven】

フランス19世紀末,1888年から89年にかけて,ブルターニュの小村ポンタベンでゴーギャンを中心に形成された一種の画派。ゴーギャンの《説教のあとの幻影》(1888)は,その代表的作例。ゴーギャンを別にすれば,おもな画家として,ベルナールÉmile Bernard(1868‐1941),ラバルCharles Laval(1862‐94),セリュジエ,メイエル・デ・ハーンJacob Meyer de Haan(1852‐95),セガンArmand Séguin(1869‐1903),フェルカーデJan Verkade(1868‐1946),フィリジェCharles Filiger(1863‐1928)等があげられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のポンタベン派の言及

【象徴主義】より

…91年,フランスの美術批評家オーリエGeorges Albert Aurier(1865‐92)は,初めて絵画に対して〈象徴主義〉という言葉を用いたが,その主張の根拠になったのはゴーギャンであった。ゴーギャンは主題よりも画面構成や色彩によって象徴主義を実践しようとし,ベルナールÉmile Bernard(1868‐1941)らとブルターニュのポンタベンでクロアゾニスムcloisonnismeを創始した(ポンタベン派)。これは,画面の事物を線で区切り,その中を平塗りする技法である。…

※「ポンタベン派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポンタベン派の関連キーワード近代美術象徴主義バラドン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android