コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポーポ湖 ポーポこLago de Poopó

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポーポ湖
ポーポこ
Lago de Poopó

ボリビア南西部,オルロ県にある湖。アンデス山脈中に広がるアルティプラノ高原南部に位置し,湖面標高 3686m。北西約 300kmにあるチチカカ湖に次ぐ同国第2の大湖で,低水時に面積約 2500km2であるが,水深はわずか2~3m。チチカカ湖から流出するデサグアデロ川が北端に注ぐほか,周辺の山地に発するマルケス川などが流入するが,蒸発が激しいため湖水の塩分濃度が高く,塩湖となっている。流出は少く,わずかに高水期に南端からラカハウイラ川が流出して,南西のコイパサ塩沢地に排水される。湖のほぼ中央にはパンサ島がある。湖水が湖床に浸透するため,湖岸一帯は湿地帯となっていて,集落はあまり発達していない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ポーポ‐こ【ポーポ湖】

Lago Poopó》ボリビア西部にある湖。オルーロ南郊、標高約3700メートルに位置する。チチカカ湖から流れるデサグアデーロ川が流入しており、塩分濃度が高い。湖水面積は季節により大きく変動し、干上がることもある。南東のウルウル湖とともにラムサール条約に登録されている。ポオポ湖。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポーポ湖
ぽーぽこ
Lago Poop

南アメリカ、ボリビア西部のアンデス山脈中にある湖。プーポ湖とも称する。アルティプラノ高原南部の乾燥気候下に位置する。面積3130平方キロメートル。湖面高度は3686メートル。北東にあるティティカカ湖の水がデスアグアデロ川を通して流入する一方、流出口はなく、湖水はすべて蒸発で失われる。きわめて浅く塩湖に近い性質をもつ。最終氷期の多雨の時期にアルティプラノ高原南部一帯の4万平方キロメートルを占めて広がっていたミンチン湖の名残(なごり)といわれる。[松本栄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ポーポ湖の関連キーワードアルチプラノ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android