コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポーポ湖 ポーポこ Lago de Poopó

3件 の用語解説(ポーポ湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポーポ湖
ポーポこ
Lago de Poopó

ボリビア南西部,オルロ県にある湖。アンデス山脈中に広がるアルティプラノ高原南部に位置し,湖面標高 3686m。北西約 300kmにあるチチカカ湖に次ぐ同国第2の大湖で,低水時に面積約 2500km2であるが,水深はわずか2~3m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ポーポ‐こ【ポーポ湖】

Lago Poopó》ボリビア西部にある湖。オルーロの南郊、標高約3700メートルに位置する。チチカカ湖から流れるデサグアデーロ川が流入しており、塩分濃度が高い。湖水面積は季節により大きく変動し、干上がることもある。南東のウルウル湖とともにラムサール条約に登録されている。ポオポ湖。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポーポ湖
ぽーぽこ
Lago Poop

南アメリカ、ボリビア西部のアンデス山脈中にある湖。プーポ湖とも称する。アルティプラノ高原南部の乾燥気候下に位置する。面積3130平方キロメートル。湖面高度は3686メートル。北東にあるティティカカ湖の水がデスアグアデロ川を通して流入する一方、流出口はなく、湖水はすべて蒸発で失われる。きわめて浅く塩湖に近い性質をもつ。最終氷期の多雨の時期にアルティプラノ高原南部一帯の4万平方キロメートルを占めて広がっていたミンチン湖の名残(なごり)といわれる。[松本栄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポーポ湖の関連キーワードオルロボリビアトリビアトリビアルオルーロカリビアンカリビアンブラック暮利比亜サハマ[山]ラ・プラタ(ボリビア)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone