コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイマイガ(舞々蛾) マイマイガgypsy moth

翻訳|gypsy moth

世界大百科事典 第2版の解説

マイマイガ【マイマイガ(舞々蛾) gypsy moth】

鱗翅目ドクガ科の昆虫(イラスト)。翅の開張4~5.5cm,6~8cm。雄は黒褐色,雌はごく薄い灰褐色。色彩や大きさには個体変異があるばかりでなく,地理的な変化も著しい。ヨーロッパからシベリア,中国を経て日本全国に分布し,北アメリカには今から100年以上前にヨーロッパ産が移入され,全土に広がっている。一般に北海道産は小型で淡色,四国,九州の南部から南西諸島のものは白みが強い。年1回の発生で,成虫は夏に出る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマイマイガ(舞々蛾)の言及

【ガ(蛾)】より

… アメリカシロヒトリをはじめ,いくつかの害虫の中には,害虫や餌が入手しやすく,飼育も簡便なので,生態,生理など純生物学的な研究に役だっているものも多い。マイマイガはヨーロッパから北アメリカにかけて,重要な森林害虫であるとともに,遺伝学の実験材料として利用され,また性誘引物質の研究にも役だっている。
[環境指標としての利用]
 公害や自然環境の破壊が各地で深刻な問題になるにつれ,環境調査も全国で行われている。…

※「マイマイガ(舞々蛾)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android