コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マオウ(麻黄) マオウEphedra sinica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マオウ(麻黄)
マオウ
Ephedra sinica

マオウ科の常緑小低木。中国北部,モンゴルの原産。シナマオウともいう。砂地に生える草状の裸子植物で茎の高さは 30~70cm,根茎は太く木質,黄赤褐色で枝を分つ。茎は一見トクサに似て緑色で細長く,比較的分枝が少く節が多い。葉は白色を帯びた鱗片状で,節ごとに対生し,基部は合体して短い鞘になる。雌雄異株で,夏に花序を単生し,それぞれ2個の花をつける。雄花は包葉片が2~4個,おしべ2~4個が合生し,雌花は包葉片の下部が合生して胚珠は裸出する。種子は黒褐色で,赤く肉質化した包葉に包まれる。アルカロイドを含む薬用植物として知られ,主成分はエフェドリンで発汗,解熱に使われ,また根と節の部分には抗エフェドリンの薬理作用があり,止汗剤とする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

マオウ(麻黄)【マオウ】

中国など主としてユーラシアに自生するマオウ科草本状小低木,シナマオウ,フタマタマオウなどの総称。茎はトクサに似て分枝し,葉は鱗片状で対生する。雌雄異株。裸子植物であるが,被子植物の性質もあわせもつ。
→関連項目薬用植物

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マオウ【マオウ(麻黄) Ephedra】

裸子植物マオウ科の小低木で,半つる性のものもある。マオウ属は40種がユーラシア大陸,アフリカ北部および新大陸の乾燥地に分布する。体に節があり,鱗片状の葉が節から対生する。一般に雌雄異株。葉腋(ようえき)に1個の花をつける。雄花は1対の花被(苞葉)の間から1本のおしべを出し,その頂部に2~8個の合成花粉囊をつける。雌花は苞葉に包まれ,花序をつくり,花被と1個の胚珠からなる。花被は胚珠を包み,一見外珠皮の観を呈するので,かつては珠皮が2枚あるといわれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマオウ(麻黄)の言及

【漢方薬】より

…エフェドリンはその発見者長井長義の名とともに漢方薬の有用性を世界に示した代表例の一つとなっている。マオウ
[甘草]
 主要成分グリチルリチンの薬理作用が詳細に調べられている。化学構造上副腎皮質ホルモンと類似点があり,生理活性も共通性がある。…

【グネツム】より

…葉は対生し,ほぼ楕円形で先がとがり,網状脈を有し,一見双子葉植物の常緑広葉樹の葉のようである。近縁のマオウウェルウィッチアとともにグネツム綱(マオウ綱)として分類される。この類は花に花被があり,雌花ではこの花被が完全に胚珠を包み,子房に似た構造を呈し,材には道管があり,裸子植物としては特異な形態を示すので,原始被子植物Protoangiospermaeまたは衣子植物Chlamydospermaeとして裸子植物から分離・独立させ,被子植物との中間型植物として扱われることもある。…

※「マオウ(麻黄)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マオウ(麻黄)の関連キーワード塩酸エフェドリン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android