コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マカロフ Makarov, Stepan Osipovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マカロフ
Makarov, Stepan Osipovich

[生]1849.1.8. ニコラエフ
[没]1904.4.13.
ロシアの軍人,提督。海軍士官として太平洋,バルト海,黒海艦隊などに勤務するかたわら,2度の世界周航を行い,露土戦争 (1877~78) では初めて魚雷を用い,北氷洋では砕氷船『エルマク』号を建造して探検するなど,ロシア海軍の強化と海洋学の発展に貢献した。 1897年バルチック艦隊,99年クロンシタット軍港の司令長官を経て,日露戦争に際しロシア太平洋艦隊長官に任じられ,旗艦『ペテロパウロフスク』が旅順港外で敷設水雷に触れて沈没したのと運命をともにした。航海,造船学,地理学などに関する著作多数を残した。

マカロフ
Makarov

ロシア,サハリン州の港湾都市。サハリン島中南部東岸,テルペニエ湾にのぞむ。パルプ・製紙,水産加工などの工場が立地し,付近には炭田がある。州都ユジノサハリンスクの北約 200kmにあり,鉄道,ハイウェーで連絡。旧日本領で,日本名知取 (しるとる) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マカロフ【Stepan Osipovich Makarov】

1849‐1904
ロシアの提督。日露戦争開戦直後,旅順を根拠地とするロシア太平洋艦隊司令官に任命された。マカロフは3月はじめ旅順へ着任したが,彼の着任は,日本海軍に対して劣勢であったロシア艦隊の士気,戦力を高めた。艦隊の戦闘準備をすすめていたが,4月初め,機雷にふれて乗艦〈ペトロパブロフスク〉が沈没し,戦死した。海事に関するいくつかの学術的著作もある。【広瀬 健夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

マカロフ【Stepan Osipovich Makarov】

1849~1904) ロシアの提督。水路測量のため世界各地を航行、海洋に関する書「ビチャズ号と太平洋」を著す。太平洋艦隊司令長官として日露戦争にのぞみ、旅順港外で戦死。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マカロフ
まかろふ
Степан Осипович Макаров Stepan Osipovich Makarov
(1849―1904)

ロシアの提督。ロシア・トルコ戦争(1877~78)における魚雷作戦、二度にわたる世界一周航海(1886~89、94~96)、砕氷船「イェルマーク」の設計と同船による北氷洋遠征で知られ、海洋学に造詣(ぞうけい)の深い名将とされた。日露戦争開始後、太平洋艦隊司令長官として旅順防衛を指導したが、機雷により沈没した旗艦ペトロパブロフスクと運命をともにした。[原 暉之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

マカロフ

生年月日:1849年3月8日
ロシアの提督
1904年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

マカロフの関連キーワードアレクサンダー ガブリリュクベレシチャーギン藤井較一生年月日航行拳銃

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android