コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクリーシュ マクリーシュ MacLeish, Archibald

4件 の用語解説(マクリーシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクリーシュ
マクリーシュ
MacLeish, Archibald

[生]1892.5.7. イリノイグレンコー
[没]1982.4.20. ボストン
アメリカの詩人。エール大学卒業後ハーバード大学に学び,弁護士を開業したが,1923年パリにおもむき詩作に専念,フランス象徴派や T. S.エリオットパウンドらの影響下に『幸福な結婚』 The Happy Marriage (1924) ,『月の街路』 Streets in the Moon (26) など実験的な手法による作品を発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マクリーシュ

米国の作家。弁護士を経てパリで詩作を始め,《A.マクリーシュハムレット》(1928年)等で第1次大戦後の絶望をうたう。1928年帰国,《新しく発見された国》(1930年)《征服者》(1932年)で強い国家意識を表明,1940年代には議会図書館長,国務次官補となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マクリーシュ【Archibald MacLeish】

1892‐1982
アメリカの詩人,劇作家。詩人としての長い経歴のなかで,主題も詩風も二転三転した。第1次大戦に従軍,〈ロスト・ジェネレーション〉の作家らとの交流から,初めは自己に沈潜した抒情詩を書いた。その後1930年代に社会問題に目覚めて積極的に発言,《征服者》(1932)などの叙事詩の大作を完成させ,さらに第2次大戦後は,理想主義から現実主義に転じて,社会活動も創作活動も,アメリカの現体制を代弁するようになっていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マクリーシュ
まくりーしゅ
Archibald MacLeish
(1892―1982)

アメリカの詩人。イリノイ州生まれ。エール、ハーバード両大学に学び、弁護士開業後パリに行き、E・パウンド、T・S・エリオット、イェーツらの強い影響を受け詩作に没頭。帰国後、社会意識の濃厚な詩集『新天地』(1930)、『征服者』(1932)を発表。以後、詩作品のほか、ラジオドラマ、詩劇、講演集など多くの作品がある。ピュリッツァー賞を3回受賞。ルーズベルト大統領に登用されて国務次官補を務めたほか、1946年にはユネスコ総会議長として活躍した。[平野信行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マクリーシュの関連キーワードイリノイ冠の板寒の入り篠入りの合方メグレ夫人のいない夜フジノイドイリノイ[州]イリノイ・セントラル鉄道イリノイ・ミシガン運河マン対イリノイ州事件

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マクリーシュの関連情報