コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マスペロ マスペロMaspero, Gaston Camille Charles

6件 の用語解説(マスペロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マスペロ
マスペロ
Maspero, Gaston Camille Charles

[生]1846.6.23. パリ
[没]1916.6.30. パリ
フランス考古学者,エジプト学者。 1880年エジプトにおもむき,翌年 A.マリエットの後任として考古局長兼カイロ博物館長に就任,エジプトの文化財行政に尽した。エジプトの歴史,宗教,考古学に関するすぐれた研究を残し,ことにサッカラピラミッドの調査や,ピラミッド・テキストの発見で知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

マスペロ
マスペロ
Maspero, Henri

[生]1883.12.15. パリ
[没]1945.3.17. ブヘンワルト収容所
フランスの中国学者。 G.マスペロの子。 É.シャバンヌに教えを受け,のちハノイ極東学院で研究に従事。 1920年コレージュ・ド・フランスの教授となり,中国語学,文学の講座を担当。一時日仏会館館長として来日。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マスペロ

フランスの考古学者。古代エジプトを研究,コレージュ・ド・フランスの教授を経て1880年エジプトに派遣され,カイロに考古学研究所を設立,のちカイロの古代遺物管理庁長官を務めた。
→関連項目マスペロ

マスペロ

フランスの中国学者。G.マスペロの子。パリの東洋語学校卒。1908年からハノイ極東学院で中国,ベトナムの言語と歴史を研究,1911年からその教授。師シャバンヌの没後(1918年),コレージュ・ド・フランスの教授。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マスペロ【Henri Maspero】

1883‐1945
フランスの中国学者。エジプト学の大家ガストン・マスペロの子。エジプト学を志したのち,中国学に転じ,ハノイの極東学院の研究員,ついで教授となった。1920年に,コレージュ・ド・フランスの中国語学文学講座の教授に就任,東京の日仏会館長をも務めた。第2次世界大戦の末期,息子がレジスタンス秘密組織に属していたため,ドイツ軍に捕らわれ,ブーヘンワルトの収容所で悲惨な最期を遂げた。主著《古代中国》のほか,中国の宗教,道教,歴史研究の3冊からなる《遺稿》につづき,《道教と中国宗教》が出版された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

マスペロ【Maspero】

〔Gaston M.〕 (1846~1916) フランスのエジプト学者。遺跡の発掘、建造物の復元、博物館の整備などに尽力。
〔Henri M.〕 (1883~1945) フランスの中国学者。の子。中国古代史・ベトナム史を研究。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のマスペロの言及

【中国神話】より

…こうして神話は経典のなかに埋没して失われ,中国は神話なき国とされた。その経典のなかに,埋没した神話を発掘してみせたのは,H.マスペロの《書経中の神話》(中国訳は馮阮君,1936)である。それで中国の神話研究には,経書の研究を欠くことはできない。…

※「マスペロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

マスペロの関連キーワード常用漢字新常用漢字表日野ルノー PA型PD6(T)型直6下垂体競技場長門(市)ヘンリークルーゼンシュテルン鈴木春山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone