コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マセイス

3件 の用語解説(マセイスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

マセイス

フランドルの画家。初期の作品は伝わっていないが,1419年以降アントワープに定住し人文主義者たちとも親交があった。絵はエマイユのような光沢のある,つややかな色彩と繊細なデッサンを特色とし,祭壇画形式による宗教画のほか,肖像画や風俗画的な作品もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マセイス【Quinten(Quentin) Massys】

1465か66‐1530
フランドルの画家。Matsys,Matsijs,Metsys,Metsijsとも綴る。ルーバン生れ。1491年アントウェルペン(アントワープ)で自由親方として登録。本格的な制作活動の記録は〈聖アンナの祭壇画〉(1507‐09)以降である。彼の宗教画の人物はドラマティックな表情に富み,ボスを思わせる怪奇で残虐な人物をも得意とした。他方聖母子の表現にはレオナルド・ダ・ビンチスフマート(煙の消えるごとく柔らかな陰影)の影響を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マセイス
ませいす
Quentin (Quinten) Massys (Matsys, Metsys)
(1465/66―1530)

フランドルの画家。マサイス、マツェイス、メツェイスともいう。ルーフェンで生まれ、アンベルスで没した。後期ゴシックイタリア・ルネサンスの過渡期に位置する画家で、北欧と南欧の様式を融合に導いた点でルーベンス先取りする立場にある。初期の作品が失われているので画家としての系譜には不明な点が多いが、故郷で活躍した画家ボウツの絵とは多くの親近関係が認められる。1491年以降アンベルスに定住し、エラスムスやモアらの人文主義者と親交を結ぶ。またイタリアに旅行して、明快な色彩とコンポジションによる新しい立体感を獲得した。1515~24年にはパティニールと共作を行った(『聖アントニウスの誘惑マドリード、個人蔵)。代表作にはアンベルス大聖堂のための祭壇画『キリスト埋葬』(アンベルス王立美術館)、『聖母子像』(ベルリン絵画館)、『両替商とその妻』(ルーブル美術館)がある。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマセイスの言及

【パティニール】より

…ディナンまたはその近郊ブビーニュBouvignesに生まれ,1515年にアントワープの画家組合の親方となり,同地で活躍して没。デューラーが〈良き風景画家〉と呼んだように,宗教主題を口実に用いながら,画面全体に広がる自然の眺望をもっぱら描いた最初の画家と言われる(たとえば,《アントニウスの誘惑》では,風景をパティニール,人物をQ.マセイスが描いて共作している)。前景を褐色,中景を緑,背景を青に塗り分けて奥行きを表す手法を用い,高い地平線の俯瞰的構図には独特の形をした岩山をはじめとして,さまざまな自然の細部が描きこまれている。…

※「マセイス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マセイスの関連キーワードクルーエテニールスデューラーフランドルフランドル楽派ブリューゲルファンアイクファンダイクフランドル派フランドル農法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マセイスの関連情報