コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マダコ マダコ Octopus vulgaris; common octopus

3件 の用語解説(マダコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マダコ
マダコ
Octopus vulgaris; common octopus

軟体動物門頭足綱マダコ科。体長 60cm,腕は頭胴長の約3倍。胴は丸くふくらみ,表面は多少ざらざらしていて網目状である。体色は普通赤褐色であるが,状況により色を変えることができる。腕の吸盤は赤褐色で,イカのような柄がない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

マダコ

 [Octopus vulgaris].タコ目マダコ亜目マダコ属のタコ.全長60cmになる.食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マダコ
まだこ / 真蛸
common octopus
[学]Octopus vulgaris

軟体動物門頭足綱マダコ科のタコ。市場でもっとも普通にみられるタコで、このほかユーラシアアメリカ大陸、オーストラリアなどに分布している。全長60~100センチメートル。体重3.5キログラムに達する。体表には大小のいぼがあって、網目状に暗色の筋(すじ)がある。目の周囲に棘(とげ)状の突起をもつ。各腕の長さはほぼ等しく、吸盤が70~80個ずつ2列に配列されている。雄の右第3腕が交接腕で、左第3腕よりわずかに短い。この腕の先端は扁平(へんぺい)な三角形の肉片に変形していて、生きているときはつねに巻き込まれている。マダコは水温15℃以上ならいつでも卵を産むが、多くは春から夏に岩棚の下や石の陰に卵塊を産み付ける。一つの卵は長径2.5ミリメートル、短径0.9ミリメートルぐらいで、糸状の柄があり、それが絡み合って房状になり、「海藤花(かいどうげ)」の名でよばれる。産卵後3~4週間で孵化(ふか)する。短い浮遊期間ののち底生生活に入る。マダコは多く岩礁性海岸にすみ、岩穴やクレバスをすみかとして強い縄張りを示すが、一方、沖合いの砂泥底を回遊する群れがある。これを「通りダコ」とか「渡りダコ」といい、前者は主としてたこ壺(つぼ)漁業によって漁獲されるのに対し、後者は底引漁業の対象となっている。おもな食餌(しょくじ)はカニ類などの甲殻類で、二枚貝なども好み、甲殻類漁業資源や、養貝業に害を与える。マダコが食用にされるのはアジアと南ヨーロッパ、中央アメリカの一部にすぎない。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マダコの関連キーワード頭足類軟体動物ミズダコ象水母面蛸軟体類イイダコ(飯蛸)イカ(烏賊)ボルボルテラ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マダコの関連情報