コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マチュピチュ Machu Picchu

デジタル大辞泉の解説

マチュ‐ピチュ(Machu Picchu)

ペルー南部、クスコ県にあるインカ帝国の都市遺跡。標高約2400メートルにあり、周囲を断崖や急峻(きゅうしゅん)な山で囲まれていたため、スペイン人による破壊を免れた。インカの建築様式や都市構造を知る上で、考古学的に価値をもつ。1983年に「マチュ‐ピチュの歴史保護区」の名で世界遺産(複合遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

マチュピチュ【Machu Picchu】

ペルー南部にあるインカ帝国の都市遺跡。海抜2400メートルの高原に位置し、石造の神殿・宮殿・水路などが残されている。観光地。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

マチュピチュの関連キーワードカパック・ニャン アンデスの道マチュピチュ遺跡サルカンタイ山ウルバンバ渓谷ワイナピチュアンデス文明インカ美術プカプカラウルバンバ大いなる歌ビンガム歩りえこネルーダ空中都市クスコ観光地竹田城石造神殿高原

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マチュピチュの関連情報