マチュピチュ(英語表記)Machu Picchu

デジタル大辞泉の解説

マチュ‐ピチュ(Machu Picchu)

ペルー南部、クスコ県にあるインカ帝国の都市遺跡。標高約2400メートルにあり、周囲を断崖や急峻(きゅうしゅん)な山で囲まれていたため、スペイン人による破壊を免れた。インカの建築様式や都市構造を知る上で、考古学的に価値をもつ。1983年に「マチュ‐ピチュの歴史保護区」の名で世界遺産(複合遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

マチュピチュ【Machu Picchu】

ペルー南部にあるインカ帝国の都市遺跡。海抜2400メートルの高原に位置し、石造の神殿・宮殿・水路などが残されている。観光地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

マチュピチュ

(Machu Picchu) ペルーの南部高地にあるインカの都市遺跡。神殿宮殿・住宅の外、水路や道路の跡を遺し、インカ都市の構造や建築様式を伝えている。ペルーの代表的な文化遺産。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マチュピチュの関連情報