コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マチュー マチュー Mathieu, George

3件 の用語解説(マチューの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マチュー
マチュー
Mathieu, George

[生]1921.1.27. ブーローニュシュルメール
フランスの画家。独学で油彩を学び,1944年から非具象絵画を描きはじめる。 47年パリに移住,抒情的抽象を旗印にしてグループ展を組織。 48年身ぶりをそのまま画面の筆触に転じる制作方法をとり,自己のスタイルを確立した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マチュー

フランスの画家。パ・ド・カレ県ブーローニュ・シュル・メール生れ。法律,哲学を学んだのち,1942年から絵画に転じる。1951年評論家ミシェル・タピエによる〈アンフォルメル意味するもの〉展に参加。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マチュー
まちゅー
Mireille Matieu
(1946― )

フランスのシャンソン歌手。アビニョン生まれ。貧しい墓石工の家に育ち、13人の弟妹の世話をしつつ、工場で働きながら歌の勉強を続けた。1965年にでたテレビのど自慢番組で注目され、翌年のレコードデビュー曲『愛の信条』が大ヒットした。デビュー当時、声質がピアフに似ているのでその再来といわれた。声を張り上げ、力強く歌う点に特色があり、マネージャーのジョニー・スタークや作・編曲を担当したポール・モーリアPaul Mauriat(1925―2006)などの強力なバックアップのもと、一躍スターの座についた。その後も、フランス語圏だけではなく、ドイツや日本においても根強い人気をもち、第一線の歌手として活躍。代表的歌唱に『美しき星のワルツ』『灰色の恋』『哀(かな)しみの日曜日』などがある。71年(昭和46)初来日。[田井竜一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マチューの関連キーワードブーローニュカンパーニュローロー船ニューリバーロードレースin八千代ニューロールメモブービーヌの戦バランタン・ド・ブーローニュブーローニュ・ビヤンクールジャン・ド・ブーローニュデュシェンヌ・ド・ブーローニュ,G.B.A.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マチューの関連情報