コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マチン

3件 の用語解説(マチンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

マチン

有毒,薬用植物として知られるマチン科の常緑高木。インド東南アジアオーストラリア北部に分布する。葉は革質で卵形,花は茎頂の集散花序に多数つき,帯緑白色。果実は液果で球形,径6〜12cm,だいだい色に熟す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マチン【strychnine tree】

有毒植物として有名なマチン科の常緑あるいは落葉の高木。幹は直通し,樹高15mほどになるが,大きなものは30mにまでなるといわれる。葉は対生し,卵形から円卵形で,先はやや尾状にとがり,厚質で光沢があり,基部から中肋および左右2本ずつの脈を出し,5行脈になることが多い。花は茎頂に生じる集散花序に多数つき,帯緑白色。1~1.2cmの長さの筒状の花筒部の先端は5裂する。5本のおしべは花筒内面につき,めしべは1本。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マチン
まちん / 馬銭
poison nut tree
[学]Strychnos nux-vomica L.

フジウツギ科の落葉高木。インド、東南アジア、オーストラリア北部に分布し、高さ10~13メートル。葉は対生し、葉柄は長さ4~6ミリメートル、葉身は長さ6~15センチメートルの広卵形で先はとがり、全縁。両面とも無毛で光沢があり、主脈は3~5条。枝端に長さ1.2センチメートルの緑白色の花を集散花序につける。液果は球形で大きく、直径6~13センチメートル、成熟すると橙赤(とうせき)色となり、白色の果肉の中に3~5個の種子をもつ。種子は径15~25ミリメートル、厚さ4ミリメートルの堅い円板形で、淡褐色。表面には長い伏毛が密生し、ビロード様の光沢をもつ。この種子をホミカ、馬銭子(まちんし)、番木鼈(ばんぼくべつ)と称して薬用とする。堅い種皮を砕いて中の仁をとり、おもにエキス、チンキの形で、その微量を強壮興奮剤として無力性消化不良、神経性下痢、神経衰弱、各種の麻痺(まひ)などの治療に用いる。仁にはストリキニーネ、ブルチンなどの猛毒アルカロイドが含まれているため、取扱いや使用量には注意が必要である。なお、アルカロイドは仁だけでなく、果肉、葉、幹、根などにも含まれる。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マチンの関連キーワードパナマ地峡有毒植物クロマチンポトスサンダルウッド有毒菌ヘデラ馬銭タウマチン

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マチンの関連情報