コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マチン

百科事典マイペディアの解説

マチン

有毒,薬用植物として知られるマチン科の常緑高木。インド東南アジアオーストラリア北部に分布する。葉は革質で卵形,花は茎頂の集散花序に多数つき,帯緑白色。果実は液果で球形,径6〜12cm,だいだい色に熟す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マチン【strychnine tree】

有毒植物として有名なマチン科の常緑あるいは落葉の高木。幹は直通し,樹高15mほどになるが,大きなものは30mにまでなるといわれる。葉は対生し,卵形から円卵形で,先はやや尾状にとがり,厚質で光沢があり,基部から中肋および左右2本ずつの脈を出し,5行脈になることが多い。花は茎頂に生じる集散花序に多数つき,帯緑白色。1~1.2cmの長さの筒状の花筒部の先端は5裂する。5本のおしべは花筒内面につき,めしべは1本。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マチン
まちん / 馬銭
poison nut tree
[学]Strychnos nux-vomica L.

フジウツギ科の落葉高木。インド、東南アジア、オーストラリア北部に分布し、高さ10~13メートル。葉は対生し、葉柄は長さ4~6ミリメートル、葉身は長さ6~15センチメートルの広卵形で先はとがり、全縁。両面とも無毛で光沢があり、主脈は3~5条。枝端に長さ1.2センチメートルの緑白色の花を集散花序につける。液果は球形で大きく、直径6~13センチメートル、成熟すると橙赤(とうせき)色となり、白色の果肉の中に3~5個の種子をもつ。種子は径15~25ミリメートル、厚さ4ミリメートルの堅い円板形で、淡褐色。表面には長い伏毛が密生し、ビロード様の光沢をもつ。この種子をホミカ、馬銭子(まちんし)、番木鼈(ばんぼくべつ)と称して薬用とする。堅い種皮を砕いて中の仁をとり、おもにエキス、チンキの形で、その微量を強壮興奮剤として無力性消化不良、神経性下痢、神経衰弱、各種の麻痺(まひ)などの治療に用いる。仁にはストリキニーネ、ブルチンなどの猛毒アルカロイドが含まれているため、取扱いや使用量には注意が必要である。なお、アルカロイドは仁だけでなく、果肉、葉、幹、根などにも含まれる。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マチンの関連情報