コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッジョーレ湖 マッジョーレこLago Maggiore

4件 の用語解説(マッジョーレ湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マッジョーレ湖
マッジョーレこ
Lago Maggiore

古代名ラクスウェルバヌス Lacus Verbanus。イタリア北部,ロンバルディア州にある湖。面積 213km2,周囲 170km。湖面標高 194m,最大水深 370m。ポー川左岸の支流で,スイスアルプスから流出するティチーノ川の中流部にある氷河谷に起源する氷河湖で,一部はスイス領に入る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マッジョーレ‐こ【マッジョーレ湖】

Maggiore》イタリアとスイスにまたがる湖。南北に細長く、氷河作用により形成。気候が温和で、湖岸にはロカルノなどの保養・観光地がある。マジョレ湖。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

マッジョーレこ【マッジョーレ湖】

イタリア北西部、ロンバルディア州とピエモンテ州、スイスのティチーノ州にまたがる、南北65kmの美しい湖。湖の広さは212.2km2で、同国では2番目に大きい。コモ湖の西40kmにある氷河湖で、アルプスの美しい景観からコモ湖同様、古くから王侯貴族の別荘地となってきた。現在、湖畔はリゾートホテルや別荘が立ち並ぶリゾート地、避暑地となっている。観光拠点は、湖の西岸にあるストレーザ(Stresa)の町で、ここから遊覧船が発着している。この湖には3つの小島が浮かんでいるが、そのうち一番大きなベッラ島には、この一帯を支配していたボッロメオ家の宮殿がある。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マッジョーレ湖
まっじょーれこ
Lago Maggiore

イタリア北部の氷河湖。西岸はピエモンテ州、東岸はロンバルディア州、北部はスイスに属する。別称ベルバーノVerbano湖。面積は212平方キロメートルで、ガルダ湖に次いで同国第二位。南北に細長く、長さ65キロメートル。最大深度372メートル。ベッラ島をはじめ七つの小島が浮かぶ。ティチーノ川が北から流入し、かつ南から流出する。気候が温和で風光もよく、湖岸にはロカルノやストレーザなど、観光・保養地が多い。漁業も盛んである。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マッジョーレ湖の関連キーワード湖沼堆積物

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マッジョーレ湖の関連情報