コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッジョーレ湖 マッジョーレこ Lago Maggiore

4件 の用語解説(マッジョーレ湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マッジョーレ湖
マッジョーレこ
Lago Maggiore

古代名ラクスウェルバヌス Lacus Verbanus。イタリア北部,ロンバルディア州にある湖。面積 213km2,周囲 170km。湖面標高 194m,最大水深 370m。ポー川左岸の支流で,スイスアルプスから流出するティチーノ川の中流部にある氷河谷に起源する氷河湖で,一部はスイス領に入る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マッジョーレ‐こ【マッジョーレ湖】

Maggiore》イタリアとスイスにまたがる湖。南北に細長く、氷河作用により形成。気候が温和で、湖岸にはロカルノなどの保養・観光地がある。マジョレ湖。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

マッジョーレこ【マッジョーレ湖】

イタリア北西部、ロンバルディア州とピエモンテ州、スイスのティチーノ州にまたがる、南北65kmの美しい湖。湖の広さは212.2km2で、同国では2番目に大きい。コモ湖の西40kmにある氷河湖で、アルプスの美しい景観からコモ湖同様、古くから王侯貴族の別荘地となってきた。現在、湖畔はリゾートホテルや別荘が立ち並ぶリゾート地、避暑地となっている。観光拠点は、湖の西岸にあるストレーザ(Stresa)の町で、ここから遊覧船が発着している。この湖には3つの小島が浮かんでいるが、そのうち一番大きなベッラ島には、この一帯を支配していたボッロメオ家の宮殿がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マッジョーレ湖
まっじょーれこ
Lago Maggiore

イタリア北部の氷河湖。西岸はピエモンテ州、東岸はロンバルディア州、北部はスイスに属する。別称ベルバーノVerbano湖。面積は212平方キロメートルで、ガルダ湖に次いで同国第二位。南北に細長く、長さ65キロメートル。最大深度372メートル。ベッラ島をはじめ七つの小島が浮かぶ。ティチーノ川が北から流入し、かつ南から流出する。気候が温和で風光もよく、湖岸にはロカルノやストレーザなど、観光・保養地が多い。漁業も盛んである。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マッジョーレ湖の関連キーワードロンバルディアオルタサンジュリオパダノベネタ平原メナッジオロンバルディア平原バルバレスコピエモンテ[州]ロンバルディア人ロンバルディア王国ピエモンテとロンバルディアのサクリ-モンティ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マッジョーレ湖の関連情報