マッチ売りの少女(読み)まっちうりのしょうじょ(英語表記)Den lille Pige med Svovlstikkerne

  • マッチうりのしょうじょ〔うりのセウヂヨ〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンデルセンの童話。1848年作。大みそかの街の通りを、マッチ売りの少女がはだしで歩いていた。マッチが一つも売れず、指を暖めるために1本のマッチをすると、美しい幻が少女の前に展開する。初めのマッチは大きなストーブ、ついで御馳走(ごちそう)いっぱいのテーブルやきれいなクリスマスツリーが現れ、その光のなかに彼女をただ1人愛してくれたおばあさんが現れる。おばあさんを引き留めておくために残りのマッチを全部すると、一面の光のなかで少女はおばあさんに抱かれて空高く舞い上がる。翌朝、微笑を浮かべながら少女は街角で死んでいた。彼女がどんな美しいものを見たかを知る者は1人もなかった。貧しい少女時代を過ごした作者の母を記念した作品の一つで、きわめて短い作ながら不滅の光を放っている。

[山室 静]

『矢崎源九郎訳『マッチ売りの少女』(新潮文庫)』『高橋健二訳『マッチ売りの少女』(『アンデルセン童話全集2』所収・1979・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

別役実の戯曲。アンデルセンの同名童話をモチーフに戦後の日本を描く不条理演劇。1966年11月、劇団早稲田小劇場が、同劇団のアトリエ兼劇場のこけら落とし公演として、鈴木忠志の演出により初演。別役は本作と「赤い鳥のいる風景」により、第13回「新劇岸田戯曲賞(のちの岸田国士戯曲賞)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マッチ売りの少女の関連情報