コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マテーラ マテーラ Matera

3件 の用語解説(マテーラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マテーラ(Matera)

イタリアナポリの東250キロメートルにある都市。グラビナ渓谷にある、サッシ呼ばれる洞窟(どうくつ)住居で知られる。住居は新石器時代に始まるとされ、8~13世紀にはキリスト教の修道士が住みつき、130余の洞窟聖堂を建築した。一時衰退してスラム化したが、近年復興が進んでいる。1993年に「マテーラ洞窟住居」として世界遺産文化遺産)に登録され、2007年に「マテーラの洞窟住居と岩窟教会公園」に名称変更された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マテーラ

イタリア南部,バジリカータ州の州都ポテンツァの東方約60kmにある町。凝灰岩を掘ってつくられた洞窟住居群がある。山地と丘陵地が大部分を占める地形と気候によく適合しており,地中海沿岸地域には最も多い住居形態の傑出例。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マテーラ
まてーら
Matera

イタリア南部、バジリカータ州マテーラ県の県都。人口5万7075(2001国勢調査速報値)。広大な石灰岩台地であるムルジェの麓(ふもと)、標高399メートルに位置する。特記すべき産業はなく、久しく貧困と停滞に苦しむイタリア南部のシンボルのような町であった。住民の多くは、岩をくりぬいてつくられたサッシSassi(洞窟(どうくつ)住居)に住んでいたが、1952年の特別法によって新たに形成された集落への移転が促進され、いまではそのほとんどは使われていない。13世紀の大聖堂がある。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マテーラの関連キーワードエルバ島ゼロメートル地帯キロメートル波ナポリを見てから死ねヤイロジェイタ洞窟2キロメートルビーチランキロメートルナポリ風

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マテーラの関連情報