マドンナ(読み)まどんな

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マドンナ(聖母マリア)
まどんな
(La) Madonnaイタリア語

婦人に対する尊称から転じて聖母マリアの称号となった。母性原理と仲介性を強調するマリア礼拝Mariolatryが、神の母を意味する「テオトコス」Theotokos(ギリシア語)、「マーテル・デイ」Mater Dei(ラテン語)の名において熱心に行われた。プロテスタントは聖母崇敬を否定する。マリア像、聖母子像はカタコンベ以来類型的に多様性を示し、代表例はレオナルド・ダ・ビンチの『岩窟(がんくつ)の聖母』である。マドンナの表象的色彩は赤(愛)の衣と青(永遠)のマント。[川又志朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マドンナの関連情報