解語の花(読み)カイゴノハナ

大辞林 第三版の解説

かいごのはな【解語の花】

〔言語を理解する花の意。唐の玄宗が楊貴妃をさして言ったという「開元天宝遺事」の故事から〕
美人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

解語の花
かいごのはな

ことばの通じる花、物いう花の意で、美人をいう。中国唐の玄宗皇帝が寵愛(ちょうあい)する楊貴妃(ようきひ)とともに、太液池に咲く蓮(はす)の花を見ながら、居並ぶ臣下たちに向かって、貴妃を指さしつつ、「太液池に咲くこのみごとな蓮の花々も、この解語の花には遠く及ばない」といった、と伝える『開元天宝遺事』の故事による。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かいご【解語】 の 花(はな)

(「ことばを解する花」の意) 美人。玄宗皇帝が楊貴妃をさして言った故事による。解語花(かいごか)
※読本・夢想兵衛胡蝶物語(帝国文庫所収)(1810)前「解語の花」 〔開元天宝遺事〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android