解語の花(読み)かいごのはな

故事成語を知る辞典「解語の花」の解説

解語の花

美人のたとえ。

[使用例] 心なき草木解語の花を見てひそかに情を悩ますなるべし[末広鉄腸花間鶯|1887~88]

[由来] 「開元天宝遺事―三」に載せる話から。八世紀の中国、唐王朝の皇帝げんそうは、絶世美女として名高いよう寵愛していました。あるとき、彼は宮中に白いの花が咲き誇っているのを眺めながら宴会を開き、楊貴妃を指しながら「蓮の花も、どうしたって『解語の花(ことばがわかる花)』には及ばないよ」とご満悦だったとのことです。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「解語の花」の解説

解語の花
かいごのはな

ことばの通じる花、物いう花の意で、美人をいう。中国唐の玄宗皇帝が寵愛(ちょうあい)する楊貴妃(ようきひ)とともに、太液池に咲く蓮(はす)の花を見ながら、居並ぶ臣下たちに向かって、貴妃を指さしつつ、「太液池に咲くこのみごとな蓮の花々も、この解語の花には遠く及ばない」といった、と伝える『開元天宝遺事』の故事による。

[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「解語の花」の解説

かいご【解語】 の 花(はな)

(「ことばを解する花」の意) 美人。玄宗皇帝が楊貴妃をさして言った故事による。解語花(かいごか)
読本・夢想兵衛胡蝶物語(帝国文庫所収)(1810)前「解語の花」 〔開元天宝遺事〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「解語の花」の解説

かいご‐の‐はな【解語の花】

玄宗皇帝が楊貴妃をさして言ったという、「開元天宝遺事」の故事から。言葉のわかる花の意》美人のこと。
[類語]美人別嬪べっぴん美女麗人佳人かじん美形美姫びき尤物ゆうぶつ名花シャン小町マドンナ色女大和撫子美少女傾国傾城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android