コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マナグア[湖] マナグア

世界大百科事典 第2版の解説

マナグア[湖]【Lago de Managua】

ニカラグアの北西にある湖。面積1490km2。最大水深20m,湖面標高41m。中央アメリカの古アンティル山系と火山脈との間にできた,北西から南東にのびる構造谷の中にある。ニカラグア第2の湖で,レオン州とマナグア州にまたがる。南東岸のティピタパ川を通して,湖水はニカラグア湖に流出している。湖では漁業,ワニ猟が行われる。南岸に首都マナグアがある。【田嶋 久】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android