コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヌス[島] Manus Island

世界大百科事典 第2版の解説

マヌス[島]【Manus Island】

南西太平洋ニューギニア島北東に位置するアドミラルティ諸島の主島で,パプア・ニューギニア国マヌス管区に属する。面積約1640km2,人口2万(1980)。島の中央部は山地,東西両岸は隆起サンゴ礁からなる。11~3月に北西季節風が,5~10月に南東貿易風が吹き,年間を通して多雨である。東部の二次林や草原地帯を除くと,他は低地雨林地帯となっている。中心は北東岸のロレンガウコプラが主産物でココア,ゴムなども作られ,漁業,林業も有望である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマヌス[島]の言及

【パプア・ニューギニア】より

…互いに似てはいるが,それぞれ独自の文化をもった社会が言語の数だけ存在しており,人間の営みがいかに千差万別かがよくわかる。 ニューギニア島北東岸沖のマヌス州にあるマヌス島では,女が外で農耕を行い,男が育児と炊事を行っており,人形に興味をもつのは女児ではなく男児である。ニューギニア島東端のミルン湾州のトロブリアンド諸島では,あらゆる男女の禁忌のなかで兄弟と姉妹のそれが最も強く,年ごろになると兄弟と姉妹は互いに顔も見ないようにしなければならない。…

※「マヌス[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone