コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヌー国立公園 マヌーこくりつこうえんManú National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マヌー国立公園
マヌーこくりつこうえん
Manú National Park

ペルー南東部,アマゾン川源流の一つ,マヌー川流域のジャングルを中心とするペルー最大の国立公園。面積1万 5328km2のうちの9割は学術研究区域として立入禁止となっている。公園内では先住民のマチゲンガ族,ヤミナウア族,アマウアカ族などが昔ながらの生活を送っている。絶滅に瀕した生物の最後の楽園であり,ジャガーヤブイヌウーリーモンキー,エンペラータマリン,カピバラバクのほかオオアリクイオオアルマジロ,さらに 50万種ともいわれる節足動物をはじめ 1000種をこす鳥類,魚類,爬虫類など多種多様な生物が生息している。 1973年国立公園に指定され,1987年世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マヌー‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【マヌー国立公園】

Parque Nacional del Manú》ペルー南東部にある国立公園。アマゾン川源流の一つ、マヌー川流域に位置する。ジャガー・オオカワウソ・アメリカバクをはじめ貴重な野生動植物が多数生息し、南アメリカ屈指の生物多様性を誇る。主な観光拠点はプエルトマルドナド。1987年、世界遺産(自然遺産)に登録された。マヌ国立公園。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マヌー国立公園【マヌーこくりつこうえん】

ペルー南東部のマヌー川流域に広がる国立公園。アマゾン盆地の熱帯雨林から標高約4000mの山岳地帯にあるため,世界屈指の多様な生態系が見られる。約100種の哺乳動物や約50万種の昆虫などの節足動物,約1000種の鳥類など多くの生物が確認されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界遺産詳解の解説

マヌーこくりつこうえん【マヌー国立公園】

1987年に登録されたペルーの世界遺産(自然遺産)で、アマゾン川源流のマヌー川一帯にある熱帯雨林や湿原地帯、4000m級の山岳地帯などを含む、総面積が1万5328km2に及ぶ同国最大の国立公園。1975年に国立公園に指定された。マヌー川は雨期の氾濫によりコチャと呼ばれる湖を出現させるため、野生動物たちの楽園となる。一帯にはペッカリー(ヘソイノシシ)やオオアリクイ、オセロット、オオアルマジロ、カピバラ、ウーリーモンキー、アカシカ、バク、そして絶滅の危機にあるジャガーやエンペラータマリンなどの動物と、ベニコンゴウインコやハチドリなど約1000種の鳥類が生息する。また、2万種を超える植物が見られる。◇英名はManú National Park

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

マヌー国立公園の関連キーワード立入禁止先住民

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android