コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マメハンミョウ Epicauta gorhami

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マメハンミョウ
Epicauta gorhami

鞘翅目ツチハンミョウ科。体長 12~17mm。全体光沢のない黒色であるが,頭部の大部分は光沢のある赤色で,前胸背の中央縦条と両側縁,小楯板,上翅の側縁,会合部および中央の縦条は灰白色である。上翅の縦条は寒地のものでは著しく退化することが多い。頭部は頬部が強く張出す。前胸は小さく,前方にせばまり頸状になる。上翅は細長く,両側縁はほぼ平行。幼虫過変態を行い,イナゴなどの卵塊を食べる。成虫は夏から秋に出現し,各種植物の葉を食べ,ダイズなどに害を与えることがある。本州,四国,九州に産する。 (→ツチハンミョウ )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マメハンミョウ

ツチハンミョウ科の甲虫の一種。北海道以外の日本に分布。体長15mm内外,黒色で頭部は赤褐色翅鞘にある灰白色の縦条は寒冷地のものでは消失する。幼虫は土中のイナゴ・バッタ類などの卵塊に寄生し,過変態をする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マメハンミョウ【Epicauta gorhami】

甲虫目ツチハンミョウ科の昆虫。ダイズ,アズキ,インゲンなどのマメ類の葉のほか,野菜や雑草の葉も食べる。頭が赤色,胸と上翅は黒色で灰白色の条線がある。体長15mm内外。本州から九州までの各地に分布する。成虫は夏から秋に出現する。9月ころ土中へ乳白色紡錘形の卵をかためて産みつける。孵化(ふか)した幼虫はよく発達した胸脚をもち,尾端には1対の長刺毛がある。イナゴ類,バッタ類の卵塊を求めて活発に動き回る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マメハンミョウ
まめはんみょう / 豆斑
[学]Epicauta gorhami

昆虫綱甲虫目ツチハンミョウ科に属する昆虫。本州、四国、九州に分布する。体長約2センチメートル、体は長くて黒色で光沢がなく、頭だけ赤く、首は細い。前胸に3条、各上ばね中央と両縁に各1条灰白毛の縦線があるが、東北地方の個体では消失する。雑草、とくにマメ類を食べ、地中に産卵し、幼虫はイナゴの卵塊を食べて成育し、過変態をする。体内にはカンタリジンを含み、乾燥し粉末にして薬用(発泡剤)とされる。対馬(つしま)には同属のチョウセンマメハンミョウがいる。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マメハンミョウの関連キーワードカンタリジン中毒カンタリス斑猫・斑蝥ゲンセイ黒豆斑蝥豆斑蝥土斑猫斑猫益虫

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android