コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリナー計画 マリナーけいかく

3件 の用語解説(マリナー計画の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

マリナー計画【マリナーけいかく】

米国のNASA(ナサ)が実施した一連の惑星探査計画。無人の探査機(名称マリナー)を火星,金星,水星に送り,写真撮影や大気,表面の調査を目的とした。1号(1962年7月打ち上げ,失敗),2号(1962年8月)と5号(1967年6月)は金星探査機で,2号は金星から3万5000km,5号は4000kmの所を通過し,観測資料を送信。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マリナーけいかく【マリナー計画】

火星,金星,水星に無人探査機(名称マリナーMariner)を送り,これら惑星の写真撮影や大気および表面の調査を行うNASA(ナサ)の惑星探査計画。打上げロケットは1号から5号までがアトラス・アジェナ型,6号から10号まではアトラス・セントール型。1962年7月金星を目ざした1号の失敗の後,62年8月打ち上げられた2号は,同年12月,金星の近傍約3万5000kmを通過,金星が厚い雲に覆われ,磁場の兆候のないこと,金星表面温度が昼側と夜側でほとんど変化なく約430℃であるとのデータを送信した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マリナー計画
まりなーけいかく

1960年代から1970年代初頭にかけて、アメリカが行った金星と火星の探査計画。打ち上げられたマリナーMariner探査機は1号から10号まで10機ある。このうち1号、2号、5号、および10号は金星探査を目的とし、10号は水星の探査をも行った。他の3号、4号、6号、7号、8号、9号はいずれも火星探査を目的とした。なお、同時代に、ソ連はアメリカの倍以上の数の金星探査機および火星探査機を打ち上げ、金星ではベネラ7~14号の着陸など多くが成功したが、火星ではほとんど失敗した。
 1号は1962年7月に打ち上げられたが、コースを外れ、指令により破壊された。2号は1か月後に打ち上げられ、金星から3万4800キロメートルの近傍通過に成功し、その大気圧、地表温度を測定し、磁場や放射線帯のないことを初めて明らかにした。1967年6月に打ち上げられた5号は、さらに近傍の4000キロメートルのところを通過し、大気がほとんど炭酸ガスからなることなどを明らかにした。1973年11月に打ち上げられた10号は金星のテレビ観測を初めて行い、金星上層大気の流れや擾乱(じょうらん)の動画を送信してきた。このあと10号は、金星の重力場を利用して軌道を太陽の方向に曲げ、1974年3月29日、水星から690キロメートルのところを通過した。こののち、さらに6か月置きに2回、水星の近傍通過を行い、表面のクレーター、大気、表面温度の観測などに初めて成功した。
 火星探査のマリナー3号は1964年11月に打ち上げられたが失敗し、同じ月に4号が打ち上げられ、火星から9600キロメートルの近傍通過に成功し、表面のクレーター、大気の成分と圧力などを観測し、磁場も放射能帯もないことを明らかにした。6号、7号は1969年2月と3月に打ち上げられ、いずれも火星から3千数百キロメートルの近傍通過に成功、多くの画像データを送ってきた。8号は失敗したが、9号は1971年5月に打ち上げられ、火星を回る探査機となり、火星とその衛星の7000枚にのぼる写真を送ってきた。これは地球以外の惑星の周りを回る軌道に入った最初の探査機である。[輿石 肇・岩田 勉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マリナー計画の関連キーワードルーラー月探査機ガリレオ惑星探査機太陽系探査(世界の)宇宙探査機サーベイヤー無人探査有人探査探査機あかつき

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone