コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリンディ マリンディMalindi

3件 の用語解説(マリンディの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリンディ
マリンディ
Malindi

ケニア南東部,インド洋にのぞむ港町。モンバサ北東約 100km,ガラナ川河口に位置。綿工業,サイザルアサ加工の中心地で,サトウキビコプラの集散地。漁業も盛ん。 1497年バスコ・ダ・ガマが訪れたことで知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マリンディ(Malindi)

ケニア南部、インド洋に面する港町。15世紀に明朝の鄭和(ていわ)ポルトガルバスコ=ダ=ガマが訪れた。かつてはアラブ人のインド洋交易の拠点として栄えたが、ポルトガル人がモンバサに拠点を置いてから衰退した。ガマによるインド航路発見を記念した石塔やイエズス会の教会跡などがある。近年は海岸保養地として知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

マリンディ【Malindi】

アフリカケニア沿岸部のほぼ中央部に位置する古い港町。人口約6000。町は海岸に沿って細長く連なる。後背地が広く,古くから豊かな作物で知られている。人口の38%がアラブないしアラブの出自を唱える混血民,7.5%がインド人,残りがギリヤマ,バジュン,キクユらのアフリカ系住民である。町についての最も古い記載は,9世紀の中国人の記録であるが,12世紀のアラブの旅行家イドリーシーはより具体的にマリンディの名をあげている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マリンディの関連情報