コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリー Murry, John Middleton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリー
Murry, John Middleton

[生]1889.8.6. ロンドン
[没]1957.3.13. サフォーク
イギリスの批評家。 K.マンスフィールドの夫。妻や D. H.ロレンスの影響を受け,雑誌『アシニーアム』 Athenaeumの編集者,『アデルフィ』 Adelphiの創刊者として,T. S.エリオットに対抗してロマン主義を唱道した。『ドストエフスキー論』 Dostoevski (1916) が出世作で,以後シェークスピア,ブレーク,キーツ,スウィフトなどの作家論,マンスフィールド,ロレンスの評伝など多彩な文筆活動を行なった。また『未知なる神に』 To the Unknown God (24) やイエス伝などで宗教に,『共産主義の必要』 The Necessity of Communism (32) や『自由社会』 The Free Society (48) などでは政治にも関心を示した。

マリー

マレー」のページをご覧ください。

マリー
Moray

イギリススコットランド北東部の単一自治体(カウンシルエリア council area)。旧称エルギンシャー。行政府所在地エルギンマリー湾の南岸から内陸に広がる。旧マリー県と旧バンフシャー県の大部分からなる。1975年の自治体再編でグランピアン県の一部となり,1996年に単一自治体となった。スペー川,フィンドホーン川は南部の丘陵地帯や泥炭湿原を水源とし,沿岸部の肥沃な平野を横切りマリー湾に注ぐ。南端には標高 1220m近いケアンゴーム山地の大山塊がそびえる。古くはピクト人が住んでいたが,9世紀にケネス・マカルピンによりスコット人の土地と統合され,マリーと呼ばれるようになった。かつてのマリーは旧県よりはるかに広く,スコットランドの七つの伝統的地方の一つであった。19世紀の産業革命の影響はほとんど受けなかったが,鉄道の開通により観光業と漁業が発展した。おもな農産物は穀物,ジャガイモ,干し草用の牧草。平野部では肉牛が飼育され,丘陵地帯では羊の放牧が行なわれる。製造業は食品加工,造船,北海の石油産業用機器を主とし,ウイスキーの製造も行なわれる。スペー川でのサケ釣りや海辺のリゾート,美しい田園風景などにより,観光も地域経済の重要な柱となっている。最大都市エルギンは商業の中心でもある。面積 2238km2。人口 8万9030(2006推計)。

マリー
Mallee

オーストラリア,ビクトリア州北西部,ウィンメラ川とマレー川との間の地方。マリーと呼ばれる独特のユーカリ植生地帯で,かつてコムギ栽培のために開墾され,土壌浸食の問題が生じた。現在はウィンメラ=マレー給水地区の一部として約2万 5000km2に給水され,灌漑牧草地,飼料作物,穀作の組合せによる農牧開発が進められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マリー(marry)

為替リスクを回避するために、外貨建て債権債務を組み合わせてバランスさせ、相殺してしまうこと。

マリー(Mary)

トルクメニスタン南東部の都市。マリー州の州都。1937年までの旧称メルブ。ムルガブ川とカラクム運河沿いに位置する。郊外に紀元前6世紀から紀元後13世紀まで栄えたオアシス都市メルブの遺跡があることで知られる。マーリ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マリー

英国の文芸批評家オックスフォード大学に学び文学活動に入る。現実を混乱のままにとらえ詩的調和を見いだすという,ロマン主義的,主観主義的立場に立ち,I.A.リチャーズやT.S.エリオットらと対立。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

タレントデータバンクの解説

マリー


芸名
マリー

性別
女性

生年月日
1986/04/17

星座
おひつじ座

干支
寅年

血液型
O

出身地
京都府

身長
172cm

靴のサイズ
24.5cm

職種
モデル

趣味・特技
音楽鑑賞/新体操

プロフィール
京都府出身。モデルとして活躍。これまでの出演作はNHK『英語でしゃべらナイト』『リトル・チャロ~体にしみこむ英会話』(レギュラー出演)、舞台『GO.JET.GO!GO!』など。その他ショーなどにも出演。今後ますますの活躍が期待される。

代表作品
NHK『英語でしゃべらナイト』 / CM『zoff』 / 展示会・イベント『東京モーターショー(ポルシェブース)』

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

マリー

森永製菓株式会社が販売するビスケットの商品名。牛乳の風味を活かしている。1923年発売。

マリー

四国特紙が販売するティッシュペーパーの商品名。3個入りパック。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マリー【John Middleton Murry】

1889‐1957
イギリスの批評家。生涯を通じてロマン主義的,主観的な立場を堅持した。貧しい家庭に育ち,オックスフォード大学を卒業後,雑誌《アシニーアム》の副主筆を経て,雑誌《アデルフィ》を刊行,主筆(1923‐48)となった。彼が批評界に登場したのは《ドストエフスキー評伝》(1916)によってである。当時の批評界には,古典主義的,主知的な傾向が強かったが,彼はT.S.エリオットに対してはロマン主義をもって,I.A.リチャーズに対しては主観主義によって対立して,これらの批評家からぬけ落ちていたロマン主義の詩人やD.H.ロレンスを熱烈に擁護する批評,エッセーを発表した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

マリー

生年月日:1897年12月3日
フランスの政治家
1974年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のマリーの言及

【外国為替】より

…手形代金の支払はその満期日に行う。 マリーmarry銀行や企業が自社のなかで生じる買為替と売為替を見合わせ,為替持高の極小化を図ることをいう。〈為替のマリー〉ともいう。…

【マンスフィールド】より

…いくつかの情事と自己中心的なきわめて不幸な結婚を経験。1912年文学青年の貧しいオックスフォード大学生J.M.マリーと同棲(正式結婚は1918年)。彼の編集する《リズム》誌や《アシニアム》誌に,鋭いがきわめて主観的なエッセー,書評を載せるかたわら,《序曲》(1918),《幸福》(1920),《園遊会》(1922),《鳩の巣》(1923)などの短編集を続々発表。…

※「マリー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マリーの関連キーワードベルサイユのばら フェルゼンとマリー・アントワネット編ベルサイユのばら オスカル編ノエル・ポール ストゥーキーセリーヌとジュリーは舟で行くマリー&ガリーver2.0マリーアントワネットドレスアンドレ・ル・シャプランパイヤール室内管弦楽団ひとりぼっちの狩人たちミヒャエル クンツェポリニャック伯爵夫人シェーンブルン宮殿北北西に進路を取れマリー・オリギンピアニストを撃てサウンドスケープシャンタル トマビジェ・ルブラン太陽がいっぱいモード家の一夜

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マリーの関連情報