マルキーズ諸島(読み)マルキーズしょとう(英語表記)Îles Marquises

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルキーズ諸島
マルキーズしょとう
Îles Marquises

マルケサス諸島ともいう。南太平洋,フランス領ポリネシアに属する島群。ヌークヒバ,ヒバオア,ハトゥトゥなど 14の島から成る。行政中心地はヌークヒバ島にあるハカペヒ。 1595年スペインのメンダニャ・デ・ネイラ,1774年 J.クックが来航。 1842年以降フランス領。熱帯作物を産し,ココナッツ製品などを輸出。面積 661km2。人口 7358 (1988) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

マルキーズ‐しょとう ‥ショタウ【マルキーズ諸島】

(マルキーズはMarquises) 南東太平洋、ポリネシア東部の諸島。一一の火山島からなる。一五九五年スペイン人が発見。フランス領。行政中心地はヒバ‐オア島のアツオナ。英語名、マルケサス諸島。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android