マルグリット(兄弟)(読み)まるぐりっと

  • 兄弟

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

兄ポールPaul Margueritte(1860―1918)、弟ビクトールVictor Margueritte(1866―1942)ともにフランスの作家。ポールはゾラに師事、回想記『父』Mon père(1884)で文壇にデビューしたが、1887年ゾラの『大地』を批判する「5人宣言」に署名、自然主義との決別を表明した。だが1870年のプロイセン・フランス戦争に取材した四部作『ある時代』Une Époque(1898~1904。弟ビクトールと合作)や代表作『人間の弱さ』La Faiblesse humaine(1908)などでは自然主義を脱していない。ビクトールは1908年以降、女性と人類の解放をテーマに独自で作品を発表し始め、なかでも『ガルソンヌ』(1922)は第一次世界大戦後の新しいタイプの女性を描いてベストセラーになったが、女主人公の性的放縦さが論議の的となった。ガルソンヌgarçonneとは、男と対等の権利をもって生きる女の意。

[大久保敏彦]

『永井順訳『ガルソンヌ』(1950・創元社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android