コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルグリット・ド・バロア マルグリット・ド・バロアMarguerite de Valois

2件 の用語解説(マルグリット・ド・バロアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルグリット・ド・バロア
マルグリット・ド・バロア
Marguerite de Valois

[生]1553.5.14. サンジェルマンアンレ
[没]1615.3.27. パリ
フランスアンリ4世の妃。マルゴ公妃,ナバール (ナバラ) 公妃とも呼ばれるアンリ2世とカトリーヌ・ド・メディシスの娘。シャルル9世の妹。美貌で教養に富んでいたが,不品行であったことでも著名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルグリット・ド・バロア
まるぐりっとどばろあ
Marguerite de Valois, La Reine Margot
(1553―1615)

フランスの王妃。フランス国王アンリ2世とカトリーヌ・ド・メディシスの娘。兄シャルル9世から「マルゴ」というあだ名をつけられ、通称となる。旧教と新教の宥和(ゆうわ)策として、新教徒である後のアンリ4世、アンリ・ド・ナバールと結婚させられたが、2人の間に子はなく、また夫は国事に多忙のうえ、ガブリエル・デストレほか多数の寵妾(ちょうしょう)におぼれて妻を顧みなかった。生来、多情で華美を好むマルグリットは、廷臣たちとの情事にふけったため、1599年、ローマ教皇により離婚させられ、その地位をマリ・ド・メディシスに譲り、夫の命令でオーベルヌ地方のユッソンの城館に追放された。追放後も、素行は収まらず、ニンフォマット(色情狂)といわれ、数人の私生児ももうけた。追放期間は18年に及び、53歳のとき、パリに戻る許可を得、ルーブル宮を正面に臨むセーヌ河左岸に住居を与えられた。こうして、当代および後世の評価はかならずしも芳しくないが、一方、宗教戦争の犠牲となった悲劇の王妃という同情的な見方もある。
 また、教養も深く才気にあふれた女性で、『思い出の記』Mmoires(1628)、『琴瑟(きんしつ)相和さぬ閨房(けいぼう)あるいはちぐはぐな睦言(むつごと)、マルグリット・ド・バロアとその駄馬との恋愛問答』La Ruelle mal assortie, Dialogue d'amour entre Marguerite de Valois et sa bte de somme(1644)の著を残し、ブラントームの『貴顕婦人集』Recueil des Dames(1665~66)や、A・デュマの歴史小説『マルゴ王妃』La Reine Margot(1845)などに魅力的に描かれている。[榊原晃三]
『渡辺一夫著『戦国明暗二人妃』(1971・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マルグリット・ド・バロアの関連キーワードEdward the Confessor川中島の戦尼子勝久アンリ神谷宗湛義仲寺クラナッハ平手政秀梵舜メアリー

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone